Stay home

ウイルスのために、色々なお商売が自粛せざるを得ない状況ですが、わたしのお稽古場も、連休明けまではお休みにさせていただいています。

舞の会なども軒並みキャンセル、延期になりましたので、お家で過ごす時間が増えました。

こんな年も、庭の姫卯木が、例年より少し早めではありますが、花を咲かせてくれています。

Because of the virus situation, many businesses are being closed, same as my classes which are off until the end of the Golden Week Holiday vacation.

Performances are also being cancelled or postponed, so I stay home much of my time.

Even this kind of year had the deutzia (Himeutsugi in Japanese, literally meaning “Princess Flower of April”) in my garden blossoming.

20200425_115138

こんなときにできることを、と思い、整理をしていましたら、古いお三味線とお道具がでてきて。。

While spending my time mostly cleaning and putting things in order, I found my old shamisen.

20200426_125825

お三味線は、もうここ数年触っていませんでしたが、時間ができ、お稽古をするようになりました。

ひっ張り出してお稽古している「茶音頭」、吉村流では、名取の試験曲でもあり、古典の振りが継承されている、大切な作品です。

解釈は、流派によって異なるかもわかりませんが、わたしの教わっているものを書いておこうと思います。

I haven’t practiced shamisen for a long while, but as I suddenly had much time to spare, I started practicing…

The piece that I am presently working on is called “The Rhythm of Tea” or Cha-ondo. It is the piece that in the school of Yoshimura you have to master in order to be certified as “Natori”, a stage-name holder.

The interpretation may be different depending on your school. I would like to write down here the one that I have learned.

 

地唄 茶音頭

世の中にすぐれて花は吉野山 紅葉は龍田 茶は宇治の 都の辰巳

それよりも 廓は都の未申 数寄とは 誰が名に立てし 濃茶の色の深緑

松の位にくらべては 囲といふも低けれど 情けは同じ床飾り

飾らぬ胸の裏表 袱紗さばきの心から 聞けば思惑違い棚

逢ふてどうして香箱の 柄杓の竹は直ぐなれど そちは茶杓の曲み文字

憂さを晴らしの初昔 昔噺の爺婆となるまで 釜の中冷めず

縁はくさりの末長く 千代萬代へ

 

世の中で優れているものといえば、花といえば吉野の桜、紅葉といえば龍田、お茶といえば都の辰巳(たつみ)の宇治に決まっていますが、それよりも、(あなたさまも行かれるという噂の廓は、都の未申にありますが、)数寄の道ともいわれる茶道の道は、立てる濃茶の色の深緑。緑の松の位にくらべましたら、釜を入れる炉の囲いで事足りるお茶の世界など取るに足らないものかもしれませんが、それにかける思いは、同じことではありませんか。飾らぬ胸の思いをこめてさばく袱紗の裏表。聞いてみれば、思惑は違うこともございますね。あなたさまにお逢いしてみれば、お湯をすくう柄杓の竹はこうして真っ直ぐなのに、まるで茶杓の柄のようにゆがんでいらっしゃる。

お茶の銘にもある初昔のように、今はつらかったことも夢のよう。昔噺の爺婆のようになるまで、どうぞ釜の中が冷めないように。縁がくさりのように末永く、千代萬代まで続いていきますように。

 

The Rhythm of Tea

In the world, what is especially beautiful is the cherry blossoms on Yoshino mountain, maple leaves on Tatsuta mountain, and the tea on Uji mountain, which is at the southeast side of the capital.

Yet more important is .. Shimabara which is the red-light district that you like is at the southwest side of the capital, by the way, who started that rumor that I like you?

Matcha tea is deep green, compared with the color of pine (pine is the highest rank of Shimabara courtesans), the frame of a fire pit for tea may be very humble. Yet isn’t the emotion the same when you love somebody?

With my austere emotion, I handle the Fukusa (cloth to wipe tea cups) from my heart.

Seeing you, I noticed that although the water scoop is straight, your heart is bent like the tea scoop.

 

My sadness is dispelled. I wish that the iron pot will be hot and boiling, until you and I become like an old man and woman in the fairy tale.

I pray that our relationship continues long and eternal like a chain.

 

石座神社にて、奉納舞

先日、桜が美しく咲いてくれました石座神社(いわくらじんじゃ、せきざじんじゃ)にて、生徒たちと共に地唄舞「茶音頭」、またドイツ文化会館ゲーテ・インスティテュートを通して短期滞在されていた歌手フローク・オルバートさんによる「祇園小唄」「わしが在所」の奉納をさせていただきました。

近所で、野外でもありましたので、このたびのことにも関わらず、させていただくことにいたしました。

昨年と同様、支えていただいました石座神社奉賛会の皆様には、誠にありがとうございました。お出ましくださった皆様方にも本当にありがとうございました。

写真は、ご近所の方が撮ってくださいました。

Last weekend when the cherry blossomed so beautifully, we dedicated Jiuta-mai “Cha-ondo” (Rhythm of Tea) at Iwakura Shrine in my studio’s neighborhood.

One of the students was a professional singer Frauke Albert from Hamburg, Germany, who was staying in Kyoto for 3 months as part of the Artist Residency program at Goethe Institute in Kyoto.

Besides dance, she dedicated “Gion Kouta” and “Washi ga zaisho”, both are Kyoto country songs that she studied here for the last couple of months.

Because it was held outside, I decided to hold the dedication, in spite of the current situation.

I am deeply grateful for the Iwakura Shrine Association members who helped the event, and all the neighbors who showed up for the dedication.

The photos were taken by one of the neighbors.

 

紫野クラスがはじまりました!

おかげさまで、京都は紫野の「町家スタジオ 伊織」の改修工事がやっと終了し、新しいお稽古場での日本舞踊クラスがはじまりました!

北野天満宮に程近く、大正時代に建てられたこの町家は、当時は西陣織の工場でした。
かつてバッタンコットンと、機織りの音が日がな一日聞こえていたといいます。

もう機織りの音はしませんが、新しい形で、大切な家族や弟子たち、支えてくださる方たちとともに、伝統を紡いでゆけたらと思います。

今日はじめられた方が、どうか長く続けてくださいますように。

IMG_20180911_155626_414

Today a new student started Japanese Traditional Dance class at a newly renovated “machiya studio IORI”.

Close to Kitano Tenmangu Shrine, this machiya was built 100 years ago and was a family-managed factory of Nishijin Brocade, a famous weaving brand of Kyoto.
The sounds of weaving used to continue throughout the day.

Although no more weaving sounds are heard, I hope to spin a new thread of tradition, with you, with all my students and my dearest families.

Wishing a success for my new student!

「新鹿の子」の舞台写真が仕上がりました!

先月、6月3日に先斗町歌舞練場にて開催されました、『京の会』にて「新鹿の子」を踊らせていただいたときの、写真が仕上がってまいりました。

The stage photo of myself dancing “Shin-kanoko” at Pontocho Theater last June was completed and sent to me the other day.

IMG_20180705_205627_417

諸先生、先輩方のおかげで、無事務めさせていただきましたことを、心から感謝申し上げます。

I deeply thank my teachers and senior dancers for being able to complete this dance.

 

 

 

ベルギーからのお客様

先日の日本舞踊体験は、ベルギーから来たとってもスイートなカップル。

The other day’s student was a sweet couple from Belgium.

IMG_20180620_205315_040.jpg

普段はジャズダンスやヒップホップなどを踊っているという彼女、日本舞踊も決まっていました😊

She is usually dancing hip hop and jazz. Isn’t see looking cool dancing Nihon Buyo (Japanese Traditional Dance), too?😊

 

奉納舞の動画をアップしました!

先日の貴船神社奥宮での「雪」の動画を、さきほどYouTubeにアップさせていただきました。

お時間のあるときに、ご覧いただけましたら嬉しいです。

貴船の奥宮の、水のせせらぎや、鳥のさえずりが動画からもわかるほどで、あのすばらしく清らかな場所で、ご縁をいただいて、奉納舞をさせていただくことができましたのを、改めて、ありがたいことだったと、しみじみ感じています。

The recent dedication of a Jiuta dance named “Snow” at Kifune Shrine is up on YouTube!

You can hear the serene sound of water and the twittering of birds at Kifune even from the video.

I am just so grateful that I had this opportunity to dedicate my dance there.

 

赤山禅院の赤つつじ

暑さの増すこの頃です。

今日は生徒さんが来て、あまりに暑いので浴衣で「鶴亀」のお稽古をしました。

何度やっても難しいと思う「鶴亀」です。基本的なものこそ、本当に気を入れてお稽古しなければいけませんね。

IMG_20180423_200734_953

写真は、先日お参りした、赤山禅院にて。赤つつじが鮮やかでした。

 

It is getting warmer and warmer these days. Today I had a student coming and practiced TSURUKAME or “Turtle and Crane” in yukata, not in kimono as it was almost hot!

It is a celebratory dance that it is depicting an ancient Chinese capital where legendary turtle and crane are dedicating dance for the Emperor.

The photo is from Zekizan Zenin Temple. The red azalea was so vivid.

デンマークからのお客様

今日の日本舞踊体験のお客様は、デンマークから来たエマ。Today’s dance experience student was Emma from Denmark.

20180411_124313 (2)

カレッジを終えてユニバーシティーに進むまでの間、一年間休暇を取って世界を旅しているそう。She completed the college and took a year off to travel around the world before going to a university.

なんとも頼もしい20歳。A courageous 20 year old!

20180411_130211 (2)

上は、お見送りに行ったバス停にて。実相院のもみじが、青々としてきれいでした。

The above photo is from Jissoin Temple in my neighborhood. The maple leaves were refreshingly beautiful.

 

 

奉納舞が無事に終了いたしました!

貴船神社、下鴨神社での奉納舞が無事に終了いたしました。

おかげさまで、お天気にも恵まれ、素晴らしい春のひとときとなりました。

 

The dedication of dances at Kifune and Shimogamo Shrine were successfully held, blessed with a beautiful weather and sakura blooming.

 

IMG_20180402_174857_849

貴船神社奥宮・地歌「雪」 Jiuta “Snow” at Kifune Shrine

IMG_20180402_175159_577

下鴨神社橋殿・地歌「茶音頭」 Jiuta “Rhythm of Tea” at Shimogamo Shrine

IMG_20180402_182348_803

下鴨神社橋殿・上方歌「京の四季」 Kamigata-uta “Four Seasons of Kyoto” at Shimogamo Shrine

 

また次回、お目にかかれましたら幸いです!このたびは本当にありがとうございました。

Thank you so much for everyone who come visited us and supported us.

常磐津 山姥

すべての女性は、心のどこかで山姥にあこがれるのではないでしょうか?

山を廻って天地山水と一体となり、人から疎まれつつも、かわいい金太郎を背負って、大人物に育て上げる・・・

作品としては、世阿弥による能の「山姥」(やまうば)が中世に完成し、近松門左衛門が、同じ題材を用いて、1712年に浄瑠璃「嫗山姥」(こもちやまうば)を創作しました。

常磐津「山姥」、実は正派若柳流では、師範試験の選択曲の一つです。

「妄執の雲の、塵(ちり)積って、山姥となれり、山又山に山巡りして、行方も知れずなりにけり」(常磐津「山姥」より歌詞抜粋)

IMG_20180114_082102_141

(写真は今朝の雪景色)

今年の十月に、わたしはこの師範試験を受けさせていただく予定です。

邪正一如の山姥の境地にたどりつくことができるとは思いませんが、与えていただいた機会に感謝して、一生懸命舞わせていただきたいと思います。

〔歌詞〕

よしあし曵きの山廻り 四季の詠めも色々に
浮き立つ空の弥生山 桃が笑えば桜がひぞる
柳は風のおうように

誰を待つやら小手招く 霞の帯の辛気らし
締めて手と手の盆踊り

ななこの池に移り気の うらみ過ごしの梶の葉は

露の玉章落ち初めて 焦れて濡らす露の袖の梅
ついだまされて室咲の 梅の暦もいち早く

門に松たちゃナンナつい雛も 出るかと思えば沓手鳥
菖蒲ふく間に盆の月 待つ宵過ぎて菊の宴
はや祝い月里神楽 ほんに ほんにせわしき浮き世も我も
白雪積もる山廻り 山廻り
いとま申して帰る山の 峰も梢も白砂は
源氏の栄え尽きしなき まもる神がきは妄執の雲の
塵積もって山姥となれり 山又山に山廻りして
行方も知れずなりにけり

 

[English Translation]

I wonder if all the women, in their heart, somehow adore YAMANBA, or a Mountain Woman, a prototype of a lady who lives in the mountains.

She runs freely over the mountains and rivers, and brings up a baby called Kintaro, a legendary hero in the Japanese folktales.

An accomplished playwright and a noh actor Zeami created a noh play about Yamanba in the 15th century.

Then Chikamatsu-monzaemon, a playwright, brought up the same theme and created his adaptation for the puppet and kabuki plays in the 18th century.

In my school of Japanese Traditional Dance, SEIHA-WAKAYAGI, this Yamanba is one of the pieces that we choose as to take the examination to be a master teacher.

“Dusts of clouds of karmic emotions of people accumulated and formed Yamanba. She danced, told a story, went off towards the mountains and disappeared far and away.” (extract from the Tokiwadu version of Yamanba)

This October, I will take the examination for this master teacher.

I do not think that I can achieve the level of Yamanba herself, who transcended the worldly matters as the scripts say that “seeing Good and Evil as One.”

However, I am truly grateful for the opportunity and will do my best.