吉野詣で

先日無事に開催されました吉村会の後、母と、奈良の吉野にお詣りさせていただいていました。

吉野といえば、義経と静御前の悲恋の地としても有名ですよね。

五月に引っ越ししました丹後地方は、静御前の生まれ故郷とも言われています。

After the annual performance by the school of Yoshimura, I visited Mt. Yoshino in Nara with my mother.

Yoshino is known to be the site of the famous love story of Yoshitsune Minamoto and Shizuka Gozen.

The Tango area that I recently moved to is also known to be Shizuka’s hometown.

義経と静御前が五日間潜居したという、吉水神社からの吉野山の風景

この十一月六日に、静御前の生家にも近い、京丹後は竹野神社にて、舞の奉納をさせていただくこととなりました。関東より、大先輩の舞手さんお二人も、ご参加くださいます。

I am going to dedicate a dance at Takeno Shrine in Kyo-tango, where the home of Shizuka is close by, on Nov 6, 2021.

吉野山の地主神、金山毘古命(かなやまひこ)がご祭神

吉野山は奥千本に位置する、金峯神社(きんぷじんじゃ)にて、奉納舞の無事を御祈願させていただきました。

奉納舞の詳細は、追ってお知らせさせていただきます。

I prayed for the safety and success of the dedication, at Kinpu Shrine in Mt.Yoshino, where Kanayamahiko or the spirit of Mt.Yoshino is deified.

The details of the dedication of these dances will be notified later.

吉村会が無事に終了いたしました。

楽屋にて。弟と弟の奥様、息子さんより、豪華なお花をいただきました。

昨年、そして今年五月に延期になりました吉村会が、昨週末、無事に開催されました。

わたしにとっては、初めての国立劇場、また吉村会への出演でした。

Last weekend, the annual performance by the school of Yoshimura, which was postponed twice, was finally and successfully held at the National Theater in Tokyo.

「地唄 茶音頭」を舞わせていただきました(上の写真は、前日の下合わせにて)。

お世話になりました先生方、舞台を助けてくださいました皆々様、またご来場くださいましたお客様には、本当にありがとうございました。

色々と大変な状況の中で開催されたために、その分、思い出深い会になりました。

これからも、精進させていただきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

I performed “Rhythm of Tea”.

I would like to convey my deepest gratitude to my teachers and everyone who cooperated with the performance.

As it was held in a severe situation in the world, it was to me most memorable.

I would appreciate your continued support and encouragement. Thank you so much!!

石座神社にて、今年も奉納させていただきます

毎年春に奉納させていただいています石座神社(せきざじんじゃ・いわくらじんじゃ)にて、今年は三月二十日(土)に奉納させていただくこととなりました。

今年は、コロナ禍により、お稽古をしばらくお休みさせていただいていたため、わたし一人での奉納になります。

地唄『黒髪』(舞)、地唄『桐の雨』(三味線と唄)です。

どうぞよろしくお願いいたします。

日時:令和三年三月二十日(土)午後二時

場所:石座神社拝殿

京都市左京区岩倉上蔵町302

お問い合わせ先:上方舞吉村流名取 吉村その伊織・石座神社奉賛会 玉生

I am dedicating dance, shamisen and song to Sekiza or Iwakura Shrine on March 20.

As I have been restrained offering classes because of the corona, this year’s dedication will be by myself only.

Thank you for your support and I look forward to meeting you then!

Date: March 20, 2021 (Sat) at 2 pm

Place: Sekiza the Iwakura Shrine

Iwakura-agura-cho 302, Sakyo-ku, Kyoto

For inquiry, contact to Sonoiori Yoshimura or Mr. Tamaki of Iwakura Shrine Association.

北野天満宮にて、今年も舞を奉納させていただきました

例年、舞を奉納させていただいている北野天満宮にて、今年は、生徒たちに加えて、大先輩の舞踊家さん、また地方さんたちと、無事に奉納させていただくことができました。

ご多忙のところ、また様々な状況にもかかわらず、ご参列くださいました皆々様には、本当にありがとうございました。

We dedicated dances at the Kitano Tenmangu Shrine similarly as the last two years and this year with my senior dancer and accompanying musicians.

I am very grateful for everyone who participated in this year’s dedication.

動画は、当日の下合わせにて、上方端唄「京の四季」。

来年も機会を賜れますよう、またご参加いただけますように、どうぞよろしくお願い申し上げます。

The above short is from our last rehearsal of ”Four Seasons of Kyoto.”

雄輝先生の扇塚

猛暑の中でしたが、一年と五カ月ぶりに、四世家元雄輝先生の扇塚のある、嵐山は二尊院にお参りさせていただいてきました。

In the midst of the heat, we visited Nisonin Temple in Arashiyama where the 4th Head Master Yuki Yoshimura sensei dedicated a stone monument of a fan when he was designated as a National Treasure in 1986.

20200825_132915

雄輝先生の古いお扇子もございますというお寺さんのお話でしたが、昔は、こちらで扇供養なども行われていたそうです。

The temple monk said that one of old fans of Yuki sensei is preserved here.

20200825_131935

扇塚の背面に刻まれていたのが下の文章です:

「時維 昭和六十一年 雄輝家元 文部大臣より無形文化財保持者の認定を受く 御殿舞の流れを汲んで山ノ内ふくが京都麩屋町二條上ル町で山ノ内流を建てたのが弘化二年である  門弟が小ふくと成り更にその門弟のふじがその後を受けたが三代目といわないで吉村流をとなえて初代となった 本拠を大阪に移し南地の師匠となりあしべ踊の振付師として活躍して定着した その没後二代目をゆう さらに三代目を雄光がついだが 昭和三十六年六月一日逝去後 門弟雄輝が四世を襲つた 昭和三十七年五月三十日のことである 家名は代々世襲でなく芸をもって継ぐという芸道最高の理念によって継承されているところに吉村流の特質を見ることが出来る

昭和四十七年三月 施主 四世家元 吉村雄輝 吉村流名取一同 賛助 門弟一同」

Translation of the sentences carved on the backside of the monument says:

“Head Master Yuki was designated as a holder of Intangible Cultural Property in 1986.

It was in 1846 that Fuku Yamanouchi started the dance school of Yamanouchi that was descended from dances that was long taught and performed in the Kyoto Imperial Palace, in Fuya-machi in Kyoto. Her disciple Kofuku succeeded as the second, then Kofuku’s disciple Fuji the next. However Fuji started the school of Yoshimura instead of calling herself the third. She moved to Osaka to be a dance teacher of maiko and geiko in the area of Nanchi and prospered as a choreographer of Ashibe Dance, a known performance by maiko and geiko of that area.

After Fuji’s death her desciple Yu inherited the second, then Yuko the third. Yuko passed away on June 1 in 1961. Yuki then inherited the fourth on May 30, 1962. It is Yoshimura school’s principle that the head masters should be inherited not by blood but by Gei or the art of dance.

March 1972

Dedicated by the 4th Head Master Yuki Yoshimura and all Natori, helped by all the disciples.”

 

暑い中、お参りに付き合ってくれて主人と。

After the visit, I am with my husband who came along in the midst of the heat.

FB_IMG_1598354325107

雄輝先生と浮世絵

IMG_20200719_081729_172

今日のお花。ようやく夏らしくなってきたので、涼しげな色を。

Set two branches of autumn bell flowers as I was looking for a cool color in the season getting hotter and hotter.

IMG_20200719_081729_179

古い雄輝先生のビデオを拝見していたら、こちらの浮世絵そっくりでびっくりしました。。

Looking at an old video of the 4th head master Yuki Yoshimura, I was mesmerized to find how his posters look alike with the above ukiyoe painting.

Stay home

ウイルスのために、色々なお商売が自粛せざるを得ない状況ですが、わたしのお稽古場も、連休明けまではお休みにさせていただいています。

舞の会なども軒並みキャンセル、延期になりましたので、お家で過ごす時間が増えました。

こんな年も、庭の姫卯木が、例年より少し早めではありますが、花を咲かせてくれています。

Because of the virus situation, many businesses are being closed, same as my classes which are off until the end of the Golden Week Holiday vacation.

Performances are also being cancelled or postponed, so I stay home much of my time.

Even this kind of year had the deutzia (Himeutsugi in Japanese, literally meaning “Princess Flower of April”) in my garden blossoming.

20200425_115138

こんなときにできることを、と思い、整理をしていましたら、古いお三味線とお道具がでてきて。。

While spending my time mostly cleaning and putting things in order, I found my old shamisen.

20200426_125825

お三味線は、もうここ数年触っていませんでしたが、時間ができ、お稽古をするようになりました。

ひっ張り出してお稽古している「茶音頭」、吉村流では、名取の試験曲でもあり、古典の振りが継承されている、大切な作品です。

解釈は、流派によって異なるかもわかりませんが、わたしの教わっているものを書いておこうと思います。

I haven’t practiced shamisen for a long while, but as I suddenly had much time to spare, I started practicing…

The piece that I am presently working on is called “The Rhythm of Tea” or Cha-ondo. It is the piece that in the school of Yoshimura you have to master in order to be certified as “Natori”, a stage-name holder.

The interpretation may be different depending on your school. I would like to write down here the one that I have learned.

 

地唄 茶音頭

世の中にすぐれて花は吉野山 紅葉は龍田 茶は宇治の 都の辰巳

それよりも 廓は都の未申 数寄とは 誰が名に立てし 濃茶の色の深緑

松の位にくらべては 囲といふも低けれど 情けは同じ床飾り

飾らぬ胸の裏表 袱紗さばきの心から 聞けば思惑違い棚

逢ふてどうして香箱の 柄杓の竹は直ぐなれど そちは茶杓の曲み文字

憂さを晴らしの初昔 昔噺の爺婆となるまで 釜の中冷めず

縁はくさりの末長く 千代萬代へ

 

世の中で優れているものといえば、花といえば吉野の桜、紅葉といえば龍田、お茶といえば都の辰巳(たつみ)の宇治に決まっていますが、それよりも、(あなたさまも行かれるという噂の廓は、都の未申にありますが、)数寄の道ともいわれる茶道の道は、立てる濃茶の色の深緑。緑の松の位にくらべましたら、釜を入れる炉の囲いで事足りるお茶の世界など取るに足らないものかもしれませんが、それにかける思いは、同じことではありませんか。飾らぬ胸の思いをこめてさばく袱紗の裏表。聞いてみれば、思惑は違うこともございますね。あなたさまにお逢いしてみれば、お湯をすくう柄杓の竹はこうして真っ直ぐなのに、まるで茶杓の柄のようにゆがんでいらっしゃる。

お茶の銘にもある初昔のように、今はつらかったことも夢のよう。昔噺の爺婆のようになるまで、どうぞ釜の中が冷めないように。縁がくさりのように末永く、千代萬代まで続いていきますように。

 

The Rhythm of Tea

In the world, what is especially beautiful is the cherry blossoms on Yoshino mountain, maple leaves on Tatsuta mountain, and the tea on Uji mountain, which is at the southeast side of the capital.

Yet more important is .. Shimabara which is the red-light district that you like is at the southwest side of the capital, by the way, who started that rumor that I like you?

Matcha tea is deep green, compared with the color of pine (pine is the highest rank of Shimabara courtesans), the frame of a fire pit for tea may be very humble. Yet isn’t the emotion the same when you love somebody?

With my austere emotion, I handle the Fukusa (cloth to wipe tea cups) from my heart.

Seeing you, I noticed that although the water scoop is straight, your heart is bent like the tea scoop.

 

My sadness is dispelled. I wish that the iron pot will be hot and boiling, until you and I become like an old man and woman in the fairy tale.

I pray that our relationship continues long and eternal like a chain.

 

石座神社にて、奉納舞

先日、桜が美しく咲いてくれました石座神社(いわくらじんじゃ、せきざじんじゃ)にて、生徒たちと共に地唄舞「茶音頭」、またドイツ文化会館ゲーテ・インスティテュートを通して短期滞在されていた歌手フローク・オルバートさんによる「祇園小唄」「わしが在所」の奉納をさせていただきました。

近所で、野外でもありましたので、このたびのことにも関わらず、させていただくことにいたしました。

昨年と同様、支えていただいました石座神社奉賛会の皆様には、誠にありがとうございました。お出ましくださった皆様方にも本当にありがとうございました。

写真は、ご近所の方が撮ってくださいました。

Last weekend when the cherry blossomed so beautifully, we dedicated Jiuta-mai “Cha-ondo” (Rhythm of Tea) at Iwakura Shrine in my studio’s neighborhood.

One of the students was a professional singer Frauke Albert from Hamburg, Germany, who was staying in Kyoto for 3 months as part of the Artist Residency program at Goethe Institute in Kyoto.

Besides dance, she dedicated “Gion Kouta” and “Washi ga zaisho”, both are Kyoto country songs that she studied here for the last couple of months.

Because it was held outside, I decided to hold the dedication, in spite of the current situation.

I am deeply grateful for the Iwakura Shrine Association members who helped the event, and all the neighbors who showed up for the dedication.

The photos were taken by one of the neighbors.

 

紫野クラスがはじまりました!

おかげさまで、京都は紫野の「町家スタジオ 伊織」の改修工事がやっと終了し、新しいお稽古場での日本舞踊クラスがはじまりました!

北野天満宮に程近く、大正時代に建てられたこの町家は、当時は西陣織の工場でした。
かつてバッタンコットンと、機織りの音が日がな一日聞こえていたといいます。

もう機織りの音はしませんが、新しい形で、大切な家族や弟子たち、支えてくださる方たちとともに、伝統を紡いでゆけたらと思います。

今日はじめられた方が、どうか長く続けてくださいますように。

IMG_20180911_155626_414

Today a new student started Japanese Traditional Dance class at a newly renovated “machiya studio IORI”.

Close to Kitano Tenmangu Shrine, this machiya was built 100 years ago and was a family-managed factory of Nishijin Brocade, a famous weaving brand of Kyoto.
The sounds of weaving used to continue throughout the day.

Although no more weaving sounds are heard, I hope to spin a new thread of tradition, with you, with all my students and my dearest families.

Wishing a success for my new student!

「新鹿の子」の舞台写真が仕上がりました!

先月、6月3日に先斗町歌舞練場にて開催されました、『京の会』にて「新鹿の子」を踊らせていただいたときの、写真が仕上がってまいりました。

The stage photo of myself dancing “Shin-kanoko” at Pontocho Theater last June was completed and sent to me the other day.

IMG_20180705_205627_417

諸先生、先輩方のおかげで、無事務めさせていただきましたことを、心から感謝申し上げます。

I deeply thank my teachers and senior dancers for being able to complete this dance.