石座神社にて、奉納舞

先日、桜が美しく咲いてくれました石座神社(いわくらじんじゃ、せきざじんじゃ)にて、生徒たちと共に地唄舞「茶音頭」、またドイツ文化会館ゲーテ・インスティテュートを通して短期滞在されていた歌手フローク・オルバートさんによる「祇園小唄」「わしが在所」の奉納をさせていただきました。

近所で、野外でもありましたので、このたびのことにも関わらず、させていただくことにいたしました。

昨年と同様、支えていただいました石座神社奉賛会の皆様には、誠にありがとうございました。お出ましくださった皆様方にも本当にありがとうございました。

写真は、ご近所の方が撮ってくださいました。

Last weekend when the cherry blossomed so beautifully, we dedicated Jiuta-mai “Cha-ondo” (Rhythm of Tea) at Iwakura Shrine in my studio’s neighborhood.

One of the students was a professional singer Frauke Albert from Hamburg, Germany, who was staying in Kyoto for 3 months as part of the Artist Residency program at Goethe Institute in Kyoto.

Besides dance, she dedicated “Gion Kouta” and “Washi ga zaisho”, both are Kyoto country songs that she studied here for the last couple of months.

Because it was held outside, I decided to hold the dedication, in spite of the current situation.

I am deeply grateful for the Iwakura Shrine Association members who helped the event, and all the neighbors who showed up for the dedication.

The photos were taken by one of the neighbors.

 

常磐津 山姥

すべての女性は、心のどこかで山姥にあこがれるのではないでしょうか?

山を廻って天地山水と一体となり、人から疎まれつつも、かわいい金太郎を背負って、大人物に育て上げる・・・

作品としては、世阿弥による能の「山姥」(やまうば)が中世に完成し、近松門左衛門が、同じ題材を用いて、1712年に浄瑠璃「嫗山姥」(こもちやまうば)を創作しました。

常磐津「山姥」、実は正派若柳流では、師範試験の選択曲の一つです。

「妄執の雲の、塵(ちり)積って、山姥となれり、山又山に山巡りして、行方も知れずなりにけり」(常磐津「山姥」より歌詞抜粋)

IMG_20180114_082102_141

(写真は今朝の雪景色)

今年の十月に、わたしはこの師範試験を受けさせていただく予定です。

邪正一如の山姥の境地にたどりつくことができるとは思いませんが、与えていただいた機会に感謝して、一生懸命舞わせていただきたいと思います。

〔歌詞〕

よしあし曵きの山廻り 四季の詠めも色々に
浮き立つ空の弥生山 桃が笑えば桜がひぞる
柳は風のおうように

誰を待つやら小手招く 霞の帯の辛気らし
締めて手と手の盆踊り

ななこの池に移り気の うらみ過ごしの梶の葉は

露の玉章落ち初めて 焦れて濡らす露の袖の梅
ついだまされて室咲の 梅の暦もいち早く

門に松たちゃナンナつい雛も 出るかと思えば沓手鳥
菖蒲ふく間に盆の月 待つ宵過ぎて菊の宴
はや祝い月里神楽 ほんに ほんにせわしき浮き世も我も
白雪積もる山廻り 山廻り
いとま申して帰る山の 峰も梢も白砂は
源氏の栄え尽きしなき まもる神がきは妄執の雲の
塵積もって山姥となれり 山又山に山廻りして
行方も知れずなりにけり

 

[English Translation]

I wonder if all the women, in their heart, somehow adore YAMANBA, or a Mountain Woman, a prototype of a lady who lives in the mountains.

She runs freely over the mountains and rivers, and brings up a baby called Kintaro, a legendary hero in the Japanese folktales.

An accomplished playwright and a noh actor Zeami created a noh play about Yamanba in the 15th century.

Then Chikamatsu-monzaemon, a playwright, brought up the same theme and created his adaptation for the puppet and kabuki plays in the 18th century.

In my school of Japanese Traditional Dance, SEIHA-WAKAYAGI, this Yamanba is one of the pieces that we choose as to take the examination to be a master teacher.

“Dusts of clouds of karmic emotions of people accumulated and formed Yamanba. She danced, told a story, went off towards the mountains and disappeared far and away.” (extract from the Tokiwadu version of Yamanba)

This October, I will take the examination for this master teacher.

I do not think that I can achieve the level of Yamanba herself, who transcended the worldly matters as the scripts say that “seeing Good and Evil as One.”

However, I am truly grateful for the opportunity and will do my best.

 

 

 

「花と箏と歌と舞」無事に終了いたしました

おかげさまで、「花と箏と歌と舞」、無事に終了いたしました。

Thanks to everyone, “Flower and Koto and Song and Dance” was successfully held.

本当に、人の縁で、つながって、結ばれて、出会うことのできた、ひとときの舞台でした。

It was such a opportunity that was born from rare connections from different people.

IMG_20170531_111705_958

地歌舞「鐘ヶ岬」Dance “Cape of the Bell.”

IMG_20170531_111705_962

筝曲「みだれ」Koto Duet “MIDARE”

IMG_20170531_111705_964

端唄「西行」「鳥さし」 Shamisen and song “SAIGYO” and “Bird Catching”

IMG_20170531_111705_965

光の画家、八坂圭さんのお話し  Talk of the painter, Kei Yasaka

IMG_20170531_111705_974

新作・地歌舞「仏は常にいませども」 Dance “Although Buddha Always Resides.”

 

演者の思いが少しでも伝われば、との思いで設けさせていただいた最後の質問をお受けする時間では、感極まって、思わず泣いてしまいました。。

 

お忙しい中、はるばるご来場くださいました皆々様には、本当にありがとうございました!

Thank you so much for coming to our show despite your busy schedule, and we hope to see you again!

IMG_20170531_111705_979

圭さんがお持ちくださった絵。Painting by Kei Yasaka.