料亭吉兆にて、新装開店祝の舞の会

IMG_20191118_191250_157

昨日、大阪は高麗橋の料亭吉兆にて、新装開店祝の舞の会がございました。

上方舞吉村流の吉村ゆきその先生門下、船場教室の皆さまと一緒に、わたしは地唄「猩々」を舞わせていただきました。

老舗料亭らしい素晴らしい大広間にて舞わせていただき、大変光栄でした。

ありがとうございました💟

Yesterday there was a celebration event of reopening of the restaurant Kiccho of Osaka Koraibashi.

I had an opportunity to dance “Shojo”, which is about a mythical animal that is living on water and brings boundless sake (rice wine).

I am very grateful to the restaurant Kiccho and my teacher Yukisono sensei for this wonderful opportunity.

今日の体験レッスン

IMG_20191113_211345_082

今日の体験レッスンのお客様は、マサチューセッツから来てくれたアリッサちゃん。数時間の間によく覚えてくれました😊🍀ありがとうございました💗⭐

Tonight”s experience student was Alyssa from Massachusetts.

She learned a lot during short hours. Thank you so much for taking my class tonight!

高松にて「お作法で舞の哲学を識る研究会」

IMG_20191111_145146_346

先日、高松城玉藻公園にて、わたしの師匠である上方舞吉村流の吉村ゆきその先生主催による「お作法で舞の哲学を識る研究会」が催されました。

吉村ゆきその先生と朝日新聞高松総局長の桝井政則さんによる対談と、わたしの先輩でいらっしゃる吉村その千晶さんによる地唄舞「八島」がありました。

ゆきその先生と桝井さんによる対談は、舞の根本ということ、面白く大変お勉強になりました。その千晶さんによる「八島」も、舞が、真っ直ぐに立つということを大切にすることがよくわかる、とても素晴らしいものでした。

ゆきその先生が高松出身でいらっしゃり、高松にお稽古場があることから何度か高松に伺っていますが、大好きな街になりました😊

The other day “Study Group of Philosophy of Mai (Dance)  through its Discipline” was held at Takamatsu Castle Tamamo Park in Takamatsu, Kagawa Prefecture in Shikoku Island.

There held a discussion between Yukisono sensei of the school of Yoshimura of Kamigata Dance and Mr. Masui of Director General of Takamatsu Branch of Asahi Newspaper and a demonstration of the dance, “Yashima” by Sonochiaki Yoshimura san.

The discussion helped me a lot in understanding the root and foundation of Mai, which is different from Odori that is rooted on the Kabuki Dance.

They mentioned that the essence of Mai is in the dedication to deities, on the other hand, Odori is mainly for entertaining people.

I have come to Takamatsu several times as Yukisono sensei is from this area and is teaching here. It became one of my favorite towns now.

 

 

無事に舞の会が終了いたしました。

先日、おかげさまで、「吉村その伊織 舞の会」が無事に終了いたしました。

73457428_506715086576190_7874528313211833033_n

はじめてリサイタルという形で舞の会を催させていただきました。来場くださいましたお客様、お花やお菓子など、たくさんのお祝いをくださいました皆々様には、本当にありがとうございました。

慣れないこと、不安なこと多々ございましたが、ゆきその先生はじめ、共に舞台に立ってくださった地方の先生方、家族はもちろん、会を助けてくださった皆々様、船場教室の皆さま、多くの方のご協力をいただいて、無事に盛会となりましたこと、心から感謝申し上げます。

千代女の里俳句館の館長でいらっしゃる木田さんには、はるばる石川県松任市よりお越しいただき、お話を賜りましたおかげで、皆さまより、千代女さんのことがよくわかってよかったとご好評をいただきました。

これからも精進していきたいと存じます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

Yesterday my recital successfully finished thanks to my teacher, family, musicians, comrade dancers and guests.
I would like to especially express my deep gratitude to all the guests who have turn out tonight and also who has given me beautiful flowers, sweets and gifts. They made my day memorable.

Much appreciation is for Mr. Kida, Director of the Haiku Museum in Hakusan City, Ishikawa Prefecture, who came all the way to Osaka for speaking about the life of the poet Chiyo, so that the audience will understand about her more.

文化庁芸術祭参加公演

千代尼忌に奉納をさせていただきました「加賀の千代」を、文化庁芸術祭の参加公演とする許可を師匠よりいただき、このたび「吉村その伊織 舞の会」を催させていただくこととなりました。

もう一曲は、吉村流の名取試験曲である「地唄 茶音頭」です。

師匠はもちろん、大阪は船場のお稽古場の皆さまのご支援もいただき、誠に感謝しております。

令和元年十月二十二日(祝・火)午後六時 大阪国立文楽劇場小ホールです。午後三時半より、「上方舞 船場教室発表会」がございます。

I got my teacher’s permission to bring “Chiyo of Kaga” that I dedicated for the anniversary of the poet Chiyo at Shokoji Temple to the Art Festival held by the Agency of Cultural Affairs.

For participating in the festival, I will hold my recital with “Chiyo of Kaga” and “Rhythm of Tea”, which is the piece for Natori examination in the school of Yoshimura.

I am very grateful to my teacher and everyone in the Osaka branch of Yoshimura School for their support and cooperation.

It will be on October 22, starting at 6 pm at Osaka Bunraku Theater.

Flyer1Scan

 

Flyer2Scan

 

「吉村その伊織 舞の会」のチケットについては、電話(080-3958-1369)あるいはFAX(075-754-8331)、あるいは To Contact お問合せ ページよりご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

For ticketing and inquiries, call at 08039581369, fax to 0757548331, or write in “To Contact” page.

加賀の千代女さん 俳句

今回、ありがたくも舞を奉納させていただいた加賀の千代女さんは、有名な「朝顔や」の他にも、素晴らしい俳句をたくさん作っておられます。1760年、第十一回目の朝鮮通信使に贈るため、加賀藩の命により千代女さんが書かれた二十一句の俳句より、好きなものをいくつか挙げてみたいと思います。

「福わらや塵さえけさのうつくしさ」
「唐崎の昼は涼しき雫かな」
「百生(ひゃくなり)やつる一筋の心より」
(写真は、金沢は兼六園の成巽閣)

67427528_1819420904869756_2908501415628504122_n(1)

The poet Chiyo has made many beautiful poems other than the most famous one of ”Morning glory.” I would like to introduce three haiku from the twenty one haiku that she wrote as a gift to a friendly delegation from Korea in 1760 under the order of Kaga domain government. (The photo is from the Seisonkaku building in the Kenrokuen Park in Kanazawa, Ishikawa Pre.)
Clean straw to spread on the entrance for the new year
Even the dust on it looks
So beautiful

Noon time in Karasaki
Wind brows from Hiei mountain
Dew drops bring coolness

Hundred gourds
All from
One heart of vine

聖興寺にて、千代女忌が無事に終わりました。

昨日、石川県松任市の聖興寺にて開催されました、俳人千代女の245回忌が無事に終了いたしました。

お寺の皆さま、わたしの師匠にあたる吉村ゆきその先生はじめ、皆々さまのおかげで、無事に舞を奉納させていただけましたことを、心から感謝申し上げます。

舞は、千代女さんの生涯と、最も有名な「朝顔やつるべとられてもらひ水」を表したものです。

The 245 anniversary of the death of the poet Chiyo was performed at Shokoji Temple in Matto City, Ishikawa Prefecture.

I would like to express my deep gratitude to the people in the temple, my teacher Yukisono sensei and everyone, for this wonderful opportunity of dedicating a dance for the spirit of Chiyo.

The dance depicts her life and her most famous poem, ‘Morning glory, the water bucket covered by it, I had to ask for water.’