竹野神社奉納舞のお写真をいただきました!

先日、竹野神社にて奉納させていただいたときの写真を、一緒に奉納してくださったお師匠さんのご家族が撮ってくださっていました。

One of the family members of my teacher took beautiful photos at the dedication of dances at Takano Shrine earlier this month.

皆さまと一緒に、鳥の声、風のささやき、緑の光のあふれる厳かな空間で、舞の奉納をさせていただけましたことを、忘れられない思い出になりました。心より感謝申し上げます。

ありがとうございました❣

That I could dedicate dances with my teacher and respected artists where birds sang, wind breezed, and sunlight shined through the leaves of the trees became such a memorable time for me.

I am truly grateful for this precious opportunity and everyone who supported us.

Thank you so much!!

「流しの枝」

地唄「流しの枝」のお稽古を始めました。

行き暮れて木の下影を宿とせば
空に知られぬ雪ぞ散る

花の枕に吹雪のしとね
にくや嵐のあてことを聞いて流しの花の枝

ほんに男の気ばかり汲んで
一夜まる寝の添い臥しに
言わぬが言うにいや勝る
花や今宵の主ならまし

ロープウェイの上から眺めた、一ノ谷の景色

一ノ谷の合戦において討ち死にをした平家の武将で、平忠度(たいらのただのり)という方がいます。

清盛の末弟であり、武道にも歌道にも優れていた忠度は、討たれたとき、箙に歌を結び付けていました。

「行きくれて木(こ)の下かげを宿とせば花や今宵の主ならまし」

彼は、都落ちした際、従者6人と歌の師であった藤原俊成の屋敷に舞い戻り、自分の歌が収められた巻物を託したところ、俊成は自身が選者であった「千載和歌集」に、次の一首を詠み人知らずとして掲載しました。

「さざなみや志賀の都は 荒れにしを 昔ながらの 山桜かな」

平家物語から本歌取りをした「流しの枝」、平家は、一時期、福原から四国は屋島、西日本一帯を拠点としていたと言います。

端唄ものとされるこうした曲にも、平家の公達を哀れに思う人の心が現れるのかしらと思いました。

ロープウェイ上から須磨寺へ向かう山道

北野天満宮にて御祈願させていただきました❣

今年は引っ越しなどでバタバタしており、ここ数年、毎年舞を奉納させていただいている北野天満宮にて、奉納させていただくことができませんでした。ただ、師範試験に合格させていただいたことだけは報告させていただこうと、先日、ドイツより京都にいらしている、現在舞のお稽古をしてくださっている生徒さんと、御本殿にて御祈祷をお願いさせていただきました。

As my schedule was hectic because of our move etc., I could not dedicate dances at the Kitano Tenmangu Shrine where I have been dedicating dances for the past several years. Still I wanted to show my gratiude in passing the exam for the Master Teacher, I visited the shrine to offer an official prayer with my student.

その後、上七軒の大好きなケーキ屋🍰さんにて。その前に蕎麦屋にも入りましたが、写真は撮り忘れ。

At my favorite local cafe.

また、舞の奉納をさせていただく機会を賜れますように✨

I hope to dedicate dances again!

師範試験に合格いたしました!

日光山輪王寺にて

先日、念願の師範試験に合格し、おかげさまで、無事に合格することができました!

取立師匠が吉村美輝和(みきかず)先生となり、吉村美輝織(みきおり)という師範名をいただきました。

写真は、お祝いに、母が連れて行ってくれた、日光にて。

吉村その伊織改め、吉村美輝織を、どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

The other day my long-cherished dream of passing the exam of the Master Teacher came true, thanks to supports from many people, especially my family and teachers.

I received the name, “Mikiori Yoshimura”, taking “Miki” from my teacher Mikikazu Yoshimura.

The above photo was at Rin-oji Temple in Nikko in Tochigi Pref, which my mother took me for celebration.

I will be devoting myself in dance as Mikiori Yoshimura and appreciate your continued support and encouragement.

竹野神社にて、舞を奉納させていただきます

丹後に引っ越しをして、五ヶ月目になりました。

こちらに来てから大好きになりました、竹野神社にて、来月六日、舞を奉納させていただくことになりました。

わたしの師匠である吉村美輝和(よしむらみきかず)先生と、関東より白拍子舞の桜井真樹子さんがともに舞ってくださいます。

It is now the 5th month since I moved to the Kyo-tango area.

Next month, I have the opportunity to dedicate a dance at Takeno Shrine, which is now my favorite local shrine here.

My teacher Mikikazu sensei, and the Shirabyoshi dancer Makiko Sakurai san are dedicating with me.

今は尼となった女性が、若かりし頃の恋を述懐した地唄「ゆき」、西天竺(インド)から中国、日本の水の美しいところを挙げた今様「水猿曲(みずのえんきょく)」、源氏物語は宇治十帖に登場する、二人の男性に愛された浮舟の物語に題材をとった地唄「浮舟」。

意図したわけではありませんが、女性らしい演目が揃ったように思います。

どなたさまもご見学いただけます。

遠方ではございますが、もしお時間が許せば、ぜひご高覧いただけましたら幸いです。

Yuki (Snow) depicts a lady, who is now a nun, reminiscing her past love.

Mizu-no-enkyoku enumerates beautiful water sites from India, China and Japan.

Ukifune (Floating Boat) deals with the story about lady Ukifune who was loved by two men in the Uji Story of the Tale of Genji.

The performance is open to viewers.

It might be far but if you have time we will be delighted to see you here.

吉野詣で

先日無事に開催されました吉村会の後、母と、奈良の吉野にお詣りさせていただいていました。

吉野といえば、義経と静御前の悲恋の地としても有名ですよね。

五月に引っ越ししました丹後地方は、静御前の生まれ故郷とも言われています。

After the annual performance by the school of Yoshimura, I visited Mt. Yoshino in Nara with my mother.

Yoshino is known to be the site of the famous love story of Yoshitsune Minamoto and Shizuka Gozen.

The Tango area that I recently moved to is also known to be Shizuka’s hometown.

義経と静御前が五日間潜居したという、吉水神社からの吉野山の風景

この十一月六日に、静御前の生家にも近い、京丹後は竹野神社にて、舞の奉納をさせていただくこととなりました。関東より、大先輩の舞手さんお二人も、ご参加くださいます。

I am going to dedicate a dance at Takeno Shrine in Kyo-tango, where the home of Shizuka is close by, on Nov 6, 2021.

吉野山の地主神、金山毘古命(かなやまひこ)がご祭神

吉野山は奥千本に位置する、金峯神社(きんぷじんじゃ)にて、奉納舞の無事を御祈願させていただきました。

奉納舞の詳細は、追ってお知らせさせていただきます。

I prayed for the safety and success of the dedication, at Kinpu Shrine in Mt.Yoshino, where Kanayamahiko or the spirit of Mt.Yoshino is deified.

The details of the dedication of these dances will be notified later.

吉村会が無事に終了いたしました。

楽屋にて。弟と弟の奥様、息子さんより、豪華なお花をいただきました。

昨年、そして今年五月に延期になりました吉村会が、昨週末、無事に開催されました。

わたしにとっては、初めての国立劇場、また吉村会への出演でした。

Last weekend, the annual performance by the school of Yoshimura, which was postponed twice, was finally and successfully held at the National Theater in Tokyo.

「地唄 茶音頭」を舞わせていただきました(上の写真は、前日の下合わせにて)。

お世話になりました先生方、舞台を助けてくださいました皆々様、またご来場くださいましたお客様には、本当にありがとうございました。

色々と大変な状況の中で開催されたために、その分、思い出深い会になりました。

これからも、精進させていただきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

I performed “Rhythm of Tea”.

I would like to convey my deepest gratitude to my teachers and everyone who cooperated with the performance.

As it was held in a severe situation in the world, it was to me most memorable.

I would appreciate your continued support and encouragement. Thank you so much!!

亀居山 大乗寺

週末は母が来ていました。

わたしが子どものころよく連れてきてくれていた宮津に、まさかわたしたちが引っ越すとは思っていなかったと思います。

せっかくなので、ここから車で1時間半ほど西の兵庫県香美町に位置する、円山応挙一門の襖絵で有名な大乗寺に。

応挙が若い頃、京都で苦学をしていたとき、才能を見込んで当時大乗寺の住職であった密蔵上人が銀三貫目を与え、それをもとに江戸で学び名を成した応挙は、後になって、恩返しに、息子や弟子たちを連れて大乗寺に戻り、13余りの部屋の襖絵を描いたそうです。

My mother was visiting us the last weekend.

She would not imagine that we are moving to Miyazu where she took me every summer.

We drove about 1 hour and half west to Daijoji Temple, where paintings of Okyo Maruyama is known.

When Okyo was young and struggling in Kyoto, then the head monk of Daijoji gave him the money of Silver of about three Kan, with which he used to study in Edo (Tokyo). Later when he was well established he came back to this temple with his son and disciples to paint the sliding doors of 13 rooms in this temple out of gratitude.

お稽古再開させていただいています。

どうぞよろしくお願いいたします。

I am restarting to offer lessons.

Thank you for your continued interest and support.

お稽古を再開させていただきます。

丹後半島は天橋立に近い、宮津市、日置の海岸にて。At Hioki Beach in Miyazu in Tango peninsula.

ここ宮津に引っ越しをして、一カ月半が経ちました。

荷物の山と格闘するのもようやく落ち着き、そろそろお稽古を再開させていただこうと思っています。

ウェブサイト更新させていただきました。

お時間ありましたらご確認いただけたら嬉しいです。

It has been a month and a half since we moved to Miyazu, in the Tango peninsula in northern Kyoto prefecture.

As we are almost settled, we are restarting to offer lessons.

The website is updated.

Thank you for checking it!

上は今日のお庭です。

蝶や毛虫と闘いながら、それでも育ってくれるお野菜を日々味わわせていただける幸せを満喫しています。

The above photo is from today’s garden.

We are so grateful for having our own yard, making our own vegetables. Nature’s been just gracious.

石座神社さんにて、本当にお世話になりました

先月させていただきました石座神社さんでの舞と三味線、唄の奉納は、強風で譜面台が飛んだりなど、ハプニングもありましたが、来てくださった方に助けていただき、なんとか舞い、歌い終えることができました。

来月、宮津への引っ越しを予定しておりますので、こちらで奉納させていただくのも最後と思いながら、奉納させていただきました。

昨年、一昨年と、都合三年に渡り、わたしと生徒たちの奉納をご許可くださり、また開催に当たっては何かと助けていただき、岩倉の皆様、とりわけ奉賛会の皆様には、本当にありがとうございました。

移転後は、自宅稽古場となります宮津と、北野天満宮近くの町家にて、お稽古を提供させていただくつもりにしております。

引き続き、お心にお留めくださいましたら幸いです。

Although there were some happenings such as strong winds blowing off my music stand, thanks to the kind helps from those who came along, I managed to dance, sing and play shamisen.

As we are planning to move to Miyazu next month, this would have been the last time to offer dedication to Iwakura Shrine.

I am truly grateful to the people of Iwakura, and especially the association members of the Iwakura Shrine, for letting me and my students perform for the shrine for the past three years.

After our move, I will offer classes at my home Miyazu and also at the machiya near Kitano Tenmangu Shrine.

I would hope for your continued support in the future.