常磐津 山姥

すべての女性は、心のどこかで山姥にあこがれるのではないでしょうか?

山を廻って天地山水と一体となり、人から疎まれつつも、かわいい金太郎を背負って、大人物に育て上げる・・・

作品としては、世阿弥による能の「山姥」(やまうば)が中世に完成し、近松門左衛門が、同じ題材を用いて、1712年に浄瑠璃「嫗山姥」(こもちやまうば)を創作しました。

常磐津「山姥」、実は正派若柳流では、師範試験の選択曲の一つです。

「妄執の雲の、塵(ちり)積って、山姥となれり、山又山に山巡りして、行方も知れずなりにけり」(常磐津「山姥」より歌詞抜粋)

IMG_20180114_082102_141

(写真は今朝の雪景色)

今年の十月に、わたしはこの師範試験を受けさせていただく予定です。

邪正一如の山姥の境地にたどりつくことができるとは思いませんが、与えていただいた機会に感謝して、一生懸命舞わせていただきたいと思います。

〔歌詞〕

よしあし曵きの山廻り 四季の詠めも色々に
浮き立つ空の弥生山 桃が笑えば桜がひぞる
柳は風のおうように

誰を待つやら小手招く 霞の帯の辛気らし
締めて手と手の盆踊り

ななこの池に移り気の うらみ過ごしの梶の葉は

露の玉章落ち初めて 焦れて濡らす露の袖の梅
ついだまされて室咲の 梅の暦もいち早く

門に松たちゃナンナつい雛も 出るかと思えば沓手鳥
菖蒲ふく間に盆の月 待つ宵過ぎて菊の宴
はや祝い月里神楽 ほんに ほんにせわしき浮き世も我も
白雪積もる山廻り 山廻り
いとま申して帰る山の 峰も梢も白砂は
源氏の栄え尽きしなき まもる神がきは妄執の雲の
塵積もって山姥となれり 山又山に山廻りして
行方も知れずなりにけり

 

[English Translation]

I wonder if all the women, in their heart, somehow adore YAMANBA, or a Mountain Woman, a prototype of a lady who lives in the mountains.

She runs freely over the mountains and rivers, and brings up a baby called Kintaro, a legendary hero in the Japanese folktales.

An accomplished playwright and a noh actor Zeami created a noh play about Yamanba in the 15th century.

Then Chikamatsu-monzaemon, a playwright, brought up the same theme and created his adaptation for the puppet and kabuki plays in the 18th century.

In my school of Japanese Traditional Dance, SEIHA-WAKAYAGI, this Yamanba is one of the pieces that we choose as to take the examination to be a master teacher.

“Dusts of clouds of karmic emotions of people accumulated and formed Yamanba. She danced, told a story, went off towards the mountains and disappeared far and away.” (extract from the Tokiwadu version of Yamanba)

This October, I will take the examination for this master teacher.

I do not think that I can achieve the level of Yamanba herself, who transcended the worldly matters as the scripts say that “seeing Good and Evil as One.”

However, I am truly grateful for the opportunity and will do my best.

 

 

 

Advertisements

今日のお客様

今日の日本舞踊体験のお客様は、台湾から来たアリスちゃん。

カウンセラーを目指してインターンシップに励む大学生です。

Today’s dance experience student was Alice from Taiwan.

She is a college student, working hard for her internship to be a counselor.

 

IMG_20170821_204637_673

 

今日はありがとうございました!!

Thank you so much for taking my dance class today!!

 

ご住職さまからお写真をいただきました

先日の「花と箏と歌と舞」にて、常照寺のご住職さまがお写真を撮ってくださっていました。

At “Flower and Koto and Song and Dance”, the priest of the Joshoji Temple was taking photos.

過ぎ去ればはかない一瞬を切り取って、こうして形にしてくださったこと、心から感謝申し上げます。

I am truly grateful that he cut out and framed these fleeting yet precious moments.

 

今日の日本舞踊体験クラス

今日の日本舞踊体験クラスは、ニュージーランドとオーストラリアからいらっしゃった素敵な姉妹、ギータ&スミ―タ。

Today’s students for dance experience were Geetha and Smitha from New Zealand and Austraria.

DSC_0005

ギータは普段インド舞踊をしているそうで、さすがに腰が決まっていました!

Geetha has been practicing Indian Dance.

スミ―タは、瞑想が日課とか。

Smitha practices meditation daily.

 

ニュージーランドのお菓子をおみやげにいただきました。

I was given a sweet from New Zealand.

IMG_20170606_100854_616

この倍の量はあったのに、美味しくてパクパク食べてしまった(;´・ω・)

It was so tasty!

ギータ&スミ―タ、今日は本当にありがとうございました☆彡

Thank you so much for taking my dance class today!

 

「花と箏と歌と舞」無事に終了いたしました

おかげさまで、「花と箏と歌と舞」、無事に終了いたしました。

Thanks to everyone, “Flower and Koto and Song and Dance” was successfully held.

本当に、人の縁で、つながって、結ばれて、出会うことのできた、ひとときの舞台でした。

It was such a opportunity that was born from rare connections from different people.

IMG_20170531_111705_958

地歌舞「鐘ヶ岬」Dance “Cape of the Bell.”

IMG_20170531_111705_962

筝曲「みだれ」Koto Duet “MIDARE”

IMG_20170531_111705_964

端唄「西行」「鳥さし」 Shamisen and song “SAIGYO” and “Bird Catching”

IMG_20170531_111705_965

光の画家、八坂圭さんのお話し  Talk of the painter, Kei Yasaka

IMG_20170531_111705_974

新作・地歌舞「仏は常にいませども」 Dance “Although Buddha Always Resides.”

 

演者の思いが少しでも伝われば、との思いで設けさせていただいた最後の質問をお受けする時間では、感極まって、思わず泣いてしまいました。。

 

お忙しい中、はるばるご来場くださいました皆々様には、本当にありがとうございました!

Thank you so much for coming to our show despite your busy schedule, and we hope to see you again!

IMG_20170531_111705_979

圭さんがお持ちくださった絵。Painting by Kei Yasaka.

 

 

 

 

 

イスラエル書道センターの皆さまと。

朝晩は大分冷え込み、秋の深まりを感じさせてくれる今日この頃になりました。

昨日は、大切な友人で素晴らしいアーティストであるノナ・オーバックに紹介していただいた、イスラエル書道センターの皆さんとのワークショップでした。

It is getting colder, and autumn is coming closer in Kyoto.

Yesterday was a workshop with the Israel Calligraphy Group, introduced by Nona Orbach, my wonderful friend and an artist.

img_20161012_081621

img_20161012_081847

まずは、近所の岩倉実相院にお連れしてから、拙宅へ。

夫のルーディー・コラールによる瞑想セッションから始まりました。

We first took them to the Iwakura Jissoin Temple in our neighborhood, then to our house.

It started with my husband, Rudy Kolar’s meditation session.

img_20161012_083255

パラレル・ユニバース、クオンタム・コンピューター、無限に存在する宇宙・・・

Parallel universe, quantum computer, multiple universe…

img_20161012_083548

瞑想を通して体感できるエネルギー領域について、物理学の用語を用いてお話しさせていただきました。

そして、日本舞踊のワークショップへ。

He explained about the energy field that you can venture into through meditation, using terms of physics.

Then we move on to dance session.

img_20161012_083901

日本における「時」と「空間」という概念が、かつて、間(ま)という一つの言葉によって理解されていたこと、そして、その「時」と「空間」を分節化するための助けとなったのが「太陽」の運行であったこと、

そして、古事記にある、太陽の女神「天照大御神」が岩戸にこもられて、世界が闇になってしまったとき、その前で「アメノウズメノミコト」が笹を手にし、足を踏み鳴らして踊られて、「天照大御神」がこの世に戻られ、光が戻ってきたという物語。

First, I explained that in the old time Japan, the notion of “time” and “space” was undifferentiated and both understood by a same word, “MA” 間, a space between things, or a time-space in between. And it was sun, which was also same with Kami, the god, or life-giving force, that helped people segment a different time-space.

Kojiki, the Japanese mythological records, includes a story that the sun goddess AMATERASU once upon a time hid in a cave, then AMENOUZUME, the goddess of song and dance, danced in front of the cave so that the world was light again.

img_20161012_095827

古代より、日本において、舞、踊りは、太陽に代わって、無限の闇の中に、光に満ちた時と場をもたらすために、祈りの場に欠かせなかったのではないか、とお話しさせていただきました。

そうして、上方端唄「京の四季」を披露させていただいてから、実際に皆に体を動かしていただく時間に。

I suggested an idea that in Japan in the ancient time, dance was something indispensable in the ritualistic occasions in bringing the time and space filled with light, on behalf of the sun itself.

After I presented a piece of Japanese traditional dance, “Four seasons of Kyoto,” we moved on to a participatory time of dance.

img_20161012_084615

物理学の「超ひも理論」を、ご存知でしょうか?

世界を創造しているのは、たった一つの極小のひもであって、それが、振動したり、回転したりすることによって、まるで、糸を張る長さや強さによって音色を変える弦のように、異なる素粒子になるというものです。

わたしの中で、踊りとこのひも理論、結びついてくるんです。

はじめに、こう無があって、そしてそれが振動によって、一つの振りになる。

ふと緩んで、また異なる音色の振動によって、異なる振りになる・・・。

Have you heard of the Superstring Theory?

It is an attempt to explain all the creations by a tiny string, as vibrations and rotations of which makes a different particle, just like a chord that makes a different note by the different strength and length of the stretch.

In my mind, the dance and this string theory overlap..

First, there is this nothingness, and it vibrates to make one dance.

Then it loosens, vibrates in a different chord to make another dance.

このワークショップでは、振りを考えずに歩く「無」の時間、そして鐘の合図で、一つのポーズを作る瞬間、というのを、交互に体感していただきました。

参加者の方が、すごく自由になった感じがした、というコメントをくださり、すごく嬉しかったです。

最後に、参加者の皆さんと協力して準備したディナーで、お祝い。

In this workshop, I introduced the time of “nothingness” without thinking what to move or pose, and then with the bell of a gong, I asked them to make a one pose in a moment, and repeat the same thing.

The participants said, it was “liberating”, which was really a happy comment for me.

At the last of the workshop, we cooperated together to make dinner to celebrate.

 

img_20161012_100422

昨日は、イスラエルの暦で、大切なお祭りの日であったそうです。私たちのワークショップを、この日にお願いしたい、といってくださった、書道の先生で、リーダーでいらっしゃるティルサさん、そして皆さん、今日の日をともに過ごさせてくださって、本当にありがとうございました!

そして・・・とっても素敵なプレゼントまで・・・

I heard that yesterday was a very important day in a Jewish calendar. Thank you, Tirza san, the leader of the group and a wonderful calligraphy teacher and artist, for making this special day for our workshop and everybody who participated in.

And… a beautiful present!

img_20161012_101114

大切に、使わせていただきたいと思います。

たくさんのギフト、本当にありがとうございました。

Thank you for bringing so much joy and love to our home.

We remember you all!