丹後の桜 Cherry Blossom in Tango

石座神社さんでの奉納が無事に終わり、ほっとしておりました。

上は、丹後半島は竹野神社の鳥居にて。九代開化天皇のお妃となった竹野媛が晩年帰郷された際に、「天照皇大神」を祀って創建されたそうです。

子どものころ、毎年、夏を過ごしていた同じ丹後半島は天の橋立の別荘を、今、少しずつ修復し、こちらに五月末のお引っ越しを予定しています。

五月一日には、東京の国立大劇場にて、五世家元雄輝夫先生の二十三回忌追善の吉村会がございます。

地唄「茶音頭」を舞わせていただく予定です。

無事に務められますよう、御祈願させていただいてまいりました。

The above is at Takano Shrine in Tango, the northern Kyoto.

It is said that the consort of the 9th Emperor Princess Takano built it to enshrine Amaterasu, after she went back to her hometown in her late years.

I am renovating an old cabin in Miyazu city, in the same Tango Peninsula, where I spent every summer when I was a child to move completely by the end of May.

On May 1, there is an important dance performance of the school of Yoshimura in the National Theater in Tokyo to commemorate the late 5th Head Master Yukio Yoshimura.

I will be performing “Cha-ondo (Rhythm of Tea).”

I pray that the event will be successful.