竹野神社にて、舞を奉納させていただきます

丹後に引っ越しをして、五ヶ月目になりました。

こちらに来てから大好きになりました、竹野神社にて、来月六日、舞を奉納させていただくことになりました。

わたしの師匠である吉村美輝和(よしむらみきかず)先生と、関東より白拍子舞の桜井真樹子さんがともに舞ってくださいます。

It is now the 5th month since I moved to the Kyo-tango area.

Next month, I have the opportunity to dedicate a dance at Takeno Shrine, which is now my favorite local shrine here.

My teacher Mikikazu sensei, and the Shirabyoshi dancer Makiko Sakurai san are dedicating with me.

今は尼となった女性が、若かりし頃の恋を述懐した地唄「ゆき」、西天竺(インド)から中国、日本の水の美しいところを挙げた今様「水猿曲(みずのえんきょく)」、源氏物語は宇治十帖に登場する、二人の男性に愛された浮舟の物語に題材をとった地唄「浮舟」。

意図したわけではありませんが、女性らしい演目が揃ったように思います。

どなたさまもご見学いただけます。

遠方ではございますが、もしお時間が許せば、ぜひご高覧いただけましたら幸いです。

Yuki (Snow) depicts a lady, who is now a nun, reminiscing her past love.

Mizu-no-enkyoku enumerates beautiful water sites from India, China and Japan.

Ukifune (Floating Boat) deals with the story about lady Ukifune who was loved by two men in the Uji Story of the Tale of Genji.

The performance is open to viewers.

It might be far but if you have time we will be delighted to see you here.

吉野詣で

先日無事に開催されました吉村会の後、母と、奈良の吉野にお詣りさせていただいていました。

吉野といえば、義経と静御前の悲恋の地としても有名ですよね。

五月に引っ越ししました丹後地方は、静御前の生まれ故郷とも言われています。

After the annual performance by the school of Yoshimura, I visited Mt. Yoshino in Nara with my mother.

Yoshino is known to be the site of the famous love story of Yoshitsune Minamoto and Shizuka Gozen.

The Tango area that I recently moved to is also known to be Shizuka’s hometown.

義経と静御前が五日間潜居したという、吉水神社からの吉野山の風景

この十一月六日に、静御前の生家にも近い、京丹後は竹野神社にて、舞の奉納をさせていただくこととなりました。関東より、大先輩の舞手さんお二人も、ご参加くださいます。

I am going to dedicate a dance at Takeno Shrine in Kyo-tango, where the home of Shizuka is close by, on Nov 6, 2021.

吉野山の地主神、金山毘古命(かなやまひこ)がご祭神

吉野山は奥千本に位置する、金峯神社(きんぷじんじゃ)にて、奉納舞の無事を御祈願させていただきました。

奉納舞の詳細は、追ってお知らせさせていただきます。

I prayed for the safety and success of the dedication, at Kinpu Shrine in Mt.Yoshino, where Kanayamahiko or the spirit of Mt.Yoshino is deified.

The details of the dedication of these dances will be notified later.

吉村会が無事に終了いたしました。

楽屋にて。弟と弟の奥様、息子さんより、豪華なお花をいただきました。

昨年、そして今年五月に延期になりました吉村会が、昨週末、無事に開催されました。

わたしにとっては、初めての国立劇場、また吉村会への出演でした。

Last weekend, the annual performance by the school of Yoshimura, which was postponed twice, was finally and successfully held at the National Theater in Tokyo.

「地唄 茶音頭」を舞わせていただきました(上の写真は、前日の下合わせにて)。

お世話になりました先生方、舞台を助けてくださいました皆々様、またご来場くださいましたお客様には、本当にありがとうございました。

色々と大変な状況の中で開催されたために、その分、思い出深い会になりました。

これからも、精進させていただきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

I performed “Rhythm of Tea”.

I would like to convey my deepest gratitude to my teachers and everyone who cooperated with the performance.

As it was held in a severe situation in the world, it was to me most memorable.

I would appreciate your continued support and encouragement. Thank you so much!!

お稽古を再開させていただきます。

丹後半島は天橋立に近い、宮津市、日置の海岸にて。At Hioki Beach in Miyazu in Tango peninsula.

ここ宮津に引っ越しをして、一カ月半が経ちました。

荷物の山と格闘するのもようやく落ち着き、そろそろお稽古を再開させていただこうと思っています。

ウェブサイト更新させていただきました。

お時間ありましたらご確認いただけたら嬉しいです。

It has been a month and a half since we moved to Miyazu, in the Tango peninsula in northern Kyoto prefecture.

As we are almost settled, we are restarting to offer lessons.

The website is updated.

Thank you for checking it!

上は今日のお庭です。

蝶や毛虫と闘いながら、それでも育ってくれるお野菜を日々味わわせていただける幸せを満喫しています。

The above photo is from today’s garden.

We are so grateful for having our own yard, making our own vegetables. Nature’s been just gracious.

丹後の桜 Cherry Blossom in Tango

石座神社さんでの奉納が無事に終わり、ほっとしておりました。

上は、丹後半島は竹野神社の鳥居にて。九代開化天皇のお妃となった竹野媛が晩年帰郷された際に、「天照皇大神」を祀って創建されたそうです。

子どものころ、毎年、夏を過ごしていた同じ丹後半島は天の橋立の別荘を、今、少しずつ修復し、こちらに五月末のお引っ越しを予定しています。

五月一日には、東京の国立大劇場にて、五世家元雄輝夫先生の二十三回忌追善の吉村会がございます。

地唄「茶音頭」を舞わせていただく予定です。

無事に務められますよう、御祈願させていただいてまいりました。

The above is at Takano Shrine in Tango, the northern Kyoto.

It is said that the consort of the 9th Emperor Princess Takano built it to enshrine Amaterasu, after she went back to her hometown in her late years.

I am renovating an old cabin in Miyazu city, in the same Tango Peninsula, where I spent every summer when I was a child to move completely by the end of May.

On May 1, there is an important dance performance of the school of Yoshimura in the National Theater in Tokyo to commemorate the late 5th Head Master Yukio Yoshimura.

I will be performing “Cha-ondo (Rhythm of Tea).”

I pray that the event will be successful.

石座神社にて、今年も奉納させていただきます

毎年春に奉納させていただいています石座神社(せきざじんじゃ・いわくらじんじゃ)にて、今年は三月二十日(土)に奉納させていただくこととなりました。

今年は、コロナ禍により、お稽古をしばらくお休みさせていただいていたため、わたし一人での奉納になります。

地唄『黒髪』(舞)、地唄『桐の雨』(三味線と唄)です。

どうぞよろしくお願いいたします。

日時:令和三年三月二十日(土)午後二時

場所:石座神社拝殿

京都市左京区岩倉上蔵町302

お問い合わせ先:上方舞吉村流名取 吉村その伊織・石座神社奉賛会 玉生

I am dedicating dance, shamisen and song to Sekiza or Iwakura Shrine on March 20.

As I have been restrained offering classes because of the corona, this year’s dedication will be by myself only.

Thank you for your support and I look forward to meeting you then!

Date: March 20, 2021 (Sat) at 2 pm

Place: Sekiza the Iwakura Shrine

Iwakura-agura-cho 302, Sakyo-ku, Kyoto

For inquiry, contact to Sonoiori Yoshimura or Mr. Tamaki of Iwakura Shrine Association.

お稽古再開につきまして

3月1日より緊急事態宣言が解除されましたので、こちらでも、お稽古を再開させていただこうと思います。

ようやく春らしい気候となり、あちらこちらで梅が咲いていますね。

ご近所のお花屋さんで、枝ぶりの良い木瓜を見つけ、床の間に。

今年は、花見に出かけてみようかと思っています。

I am restarting offering classes as the emergency claim was released as of March 1.

Weather is officially spring and the plum is blossoming here and there.

I found a nice branch of a Japanese quince tree at a flower shop in my neighborhood.

I hope to go see cherry blossoms this spring.

お誕生日と、石座神社奉納のこと

コロナウイルスのため、しばらくの間、お稽古をお休みさせていただいております。ブログも、少し間が空いてしまいました。

そんな状況ではありますが、例年通り、石座神社(せきざじんじゃ/いわくらじんじゃ)にて、3月20日、春の奉納をさせていただこうと思っております。

お稽古をお休みさせていただいておりますため、わたし吉村その伊織一人での奉納です。

「地唄 黒髪」は舞を、「地唄 桐の雨」は、お三味線と唄の弾き歌いです。

石座神社奉賛会の皆さま、また岩倉の皆さまにはまたお世話になります。詳細は、また記載させていただきます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

下は、先日、旦那さんのお誕生日を比叡山でお祝いさせていただいたときの写真です。なんと今年74歳になりました😊

Due to the pandemic, sorry to say but all my classes are put off for a while. I haven’t written a blog for a while either.

In spite of this, I am to dedicate dance and music at Sekiza or Iwakura Shrine this spring as usual on March 20. It will be Dance “Kurokami” (Black Hair) and Shamisen and Song “Kiri no Ame” (Rain of Paulownia Tree). It will be all by myself.

It can not be possible without the help of Iwakura Shrine Association and people of Iwakura, this year also, and I am truly grateful to them.

The details of the dedication will be noted later.

The above photo is at Mt Hiei, where we celebrated my husband’s birthday. Alas, he turned 74 this year.

北野天満宮にて、今年も舞を奉納させていただきました

例年、舞を奉納させていただいている北野天満宮にて、今年は、生徒たちに加えて、大先輩の舞踊家さん、また地方さんたちと、無事に奉納させていただくことができました。

ご多忙のところ、また様々な状況にもかかわらず、ご参列くださいました皆々様には、本当にありがとうございました。

We dedicated dances at the Kitano Tenmangu Shrine similarly as the last two years and this year with my senior dancer and accompanying musicians.

I am very grateful for everyone who participated in this year’s dedication.

動画は、当日の下合わせにて、上方端唄「京の四季」。

来年も機会を賜れますよう、またご参加いただけますように、どうぞよろしくお願い申し上げます。

The above short is from our last rehearsal of ”Four Seasons of Kyoto.”

雄輝先生の扇塚

猛暑の中でしたが、一年と五カ月ぶりに、四世家元雄輝先生の扇塚のある、嵐山は二尊院にお参りさせていただいてきました。

In the midst of the heat, we visited Nisonin Temple in Arashiyama where the 4th Head Master Yuki Yoshimura sensei dedicated a stone monument of a fan when he was designated as a National Treasure in 1986.

20200825_132915

雄輝先生の古いお扇子もございますというお寺さんのお話でしたが、昔は、こちらで扇供養なども行われていたそうです。

The temple monk said that one of old fans of Yuki sensei is preserved here.

20200825_131935

扇塚の背面に刻まれていたのが下の文章です:

「時維 昭和六十一年 雄輝家元 文部大臣より無形文化財保持者の認定を受く 御殿舞の流れを汲んで山ノ内ふくが京都麩屋町二條上ル町で山ノ内流を建てたのが弘化二年である  門弟が小ふくと成り更にその門弟のふじがその後を受けたが三代目といわないで吉村流をとなえて初代となった 本拠を大阪に移し南地の師匠となりあしべ踊の振付師として活躍して定着した その没後二代目をゆう さらに三代目を雄光がついだが 昭和三十六年六月一日逝去後 門弟雄輝が四世を襲つた 昭和三十七年五月三十日のことである 家名は代々世襲でなく芸をもって継ぐという芸道最高の理念によって継承されているところに吉村流の特質を見ることが出来る

昭和四十七年三月 施主 四世家元 吉村雄輝 吉村流名取一同 賛助 門弟一同」

Translation of the sentences carved on the backside of the monument says:

“Head Master Yuki was designated as a holder of Intangible Cultural Property in 1986.

It was in 1846 that Fuku Yamanouchi started the dance school of Yamanouchi that was descended from dances that was long taught and performed in the Kyoto Imperial Palace, in Fuya-machi in Kyoto. Her disciple Kofuku succeeded as the second, then Kofuku’s disciple Fuji the next. However Fuji started the school of Yoshimura instead of calling herself the third. She moved to Osaka to be a dance teacher of maiko and geiko in the area of Nanchi and prospered as a choreographer of Ashibe Dance, a known performance by maiko and geiko of that area.

After Fuji’s death her desciple Yu inherited the second, then Yuko the third. Yuko passed away on June 1 in 1961. Yuki then inherited the fourth on May 30, 1962. It is Yoshimura school’s principle that the head masters should be inherited not by blood but by Gei or the art of dance.

March 1972

Dedicated by the 4th Head Master Yuki Yoshimura and all Natori, helped by all the disciples.”

 

暑い中、お参りに付き合ってくれて主人と。

After the visit, I am with my husband who came along in the midst of the heat.

FB_IMG_1598354325107