「芸能衣装の美」無事に終了いたしました。

日曜日、「芸能衣装の美 吉村ゆきその舞の美意識研究会」が無事に終了いたしました。

ご多忙の中、ご来場くださいました皆々様には、本当にありがとうございました。

京都に帰りました翌日、京都は初雪でした。

今回舞わせていただきました「加賀の千代」さん、石川県は松任出身の江戸時代の俳人ですが、素敵な雪の句がいくつかございます。

 

つめたさは目のそとにありけさの雪

初雪や降りなをしてもなをしても

唯かへる風は尾もなし雪の竹

 

次回は、4月18日、与謝野晶子さんを描いた作品の映像と舞の実演です。

春の時期にちなんだ、大和楽「晶子ざくら」です。

 

ご多忙と存じますが、お越しいただけましたら誠に幸いでございます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

snow 2020

Thanks to the support from many people, the lecture and demonstration of dance of the Yoshimura School by my teacher Yukisono and myself Sonoiori was successfully finished.

I am grateful for all the people who came to the show.

The next day that I came back to Kyoto, it was snowing for the first time of the year.

The poet that I danced about, Chiyo of Kaga, has several beautiful snow poems.

 

Feeling chilliness

outside of my eyes

snowing this morning.

 

First snow

re-snowing,

and re-snowing.

 

The wind is only blowing back,

without tails.

The bamboo is heavy with snow.

 

 

 

 

芸能衣装の美 吉村ゆきその舞の美意識研究会

昨年十二月より、わたしの師にあたる吉村ゆきその先生主催の「芸能衣装の美 吉村ゆきその舞の美意識研究会」が、東京は代々木のSYDホールにて、隔月で開催されております。

今回二月二日(日)は、吉村ゆきその先生による江戸唄「加賀の千代」の映像、俳人加賀の千代の菩提寺である石川県松任聖興寺の中野興真ご住職さまによるお話、元NHKの葛西さまによる舞の解説に加えて、わたしも「加賀の千代」を舞わせていただきます。

昨年九月に聖興寺にて、また十月に国立文楽劇場にて舞わせていただきました「加賀の千代」、今回も舞わせていただく機会をいただき、誠にありがたく感じています。

暦は大寒、寒い最中ではありますが、どうぞお誘いあわせの上、ご来場賜りましたら幸いでございます。