ミラノ・スカラ座が9月に「レクイエム」を

舞踊の世界ももちろんですが、ウイルスによって、世界中で、あらゆる劇場が閉鎖されてきました。

それが、ミラノ・スカラ座において、この9月、ヴェルディの「レクイエム」によって演奏会が再開されることが伝えられています。

コロナウイルスが落ち着くことはもちろん、演奏会などが再開されて、世界中の舞台芸術に携わる人々が再び働き始めることができることを祈るばかりです。

下は、1995年9月15日に東京のNHKホールにおいて、リッカルド・ムーティさんが指揮をされたミラノ・スカラ座管弦楽団来日公演による映像ですが、「主よ 永遠の安息を彼らに与え 永遠の光で彼らを照らしてください」という言葉からはじまるヴェルディの「レクイエム」が、多くの人の希望の灯となったら、と思います。

Presently many theaters in the world are being closed due to the virus situation, same as dance performances of Kamigata-mai.

However, there was an announcement that the Scala Theater in Milan is going to reopen with Requiem by Verdi this September.

I humbly pray that the virus is dispelled and the people in the theater world can start working again.

Below is the video of Requiem by the orchestra of the Scala conducted by Riccardo Muti in 1995 in Tokyo. I simply hope that the Requiem that starts with “Grant them eternal rest, O Lord; and may perpetual light shine upon them” will be a light of healing and hope for the world and for the people.

https://youtu.be/cHZVfwmlRuU

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s