「間」について

よく、間(ま)が良い、とか、間を持たせる、間を置く、なんて言います。

この、日本語に独特の、「間(ま)」って、一体何なのでしょうか?

20170730_131807

岩波古語辞典は、「間」について、次のように書いています。

「連続して存在する物と物との間に当然存在する間隔の意。

転じて、物と物との中間の空隙・すきま。

後には、柱や屏風などにかこまれている空間の意から、部屋。

時間に用いれば、雨マ・風マなど、連続して生起する現象に当然存在する休止の時間・間隔。

また現象・行為の持続する時間の意。」

 

つまり、古来より、日本において、「時間」ということと「空間」ということが、「間(ま)」という一つの言葉によって認識されていた、ということがわかります。

 

不思議だと思いませんか?

 

実は、それを考えるプロセスにおいて、大きなヒントとなったのが、建築家、磯崎新さんによる著書『見立ての手法』でした。

20170730_131752

彼は、古代の日本人が、空間を認識するために、可視的な自然を分節化していったこと、そのための手がかりとなったのが、太陽の運行であったことを述べて、こう言います。

「<カミ>のモデルとして意識されたのが太陽で、その運行が時間と空間を大きく分節した。ひる/よる、明/闇、神界/冥界などで、その分節のしるしを自然界の中にさがした。神体山、いわくら、神木のようなシンボルである。ついで、その空間は微視的には一種の霊魂で充満しているとみられた。それが<カミ>で、一定の手続きを経て<よりしろ>と呼ばれるシンボルに降臨する。四隅にたてられたポールやたんに張られた縄が場所を指示する。常時は空洞でしかない囲われた空間に、<カミ>が出現するとみられていた。・・・空間はそのなかで発生する出来事を介して感知されていた。時間を介してのみ空間はとらえられていたといってもいい。」

 

すなわち、彼は、わたしたちが、ここは聖なる場所、と決めた場所において、<カミ>を呼び起こすということ、そのプロセスそのものが、この日本という地において、時間、ということと、空間、ということが認識されたはじめだというのです。

 

 

20170730_115741

でもそのことを知ると、なぜ、日本において、八百万の神、ということが言われたのかがわかりますね。

毎日、太陽が東から登ってきて、西へ沈む。

現在のわたしたちは、地球が自転しているから、太陽が移動しているようにみえることを知っているけれど、当時の人々にとって、それは神秘そのものだった。

そしておそらく、太陽は、あの山から、あの岩間から登ってくる、あるいはあの海から登ってくる、そういう感覚だったのではないでしょうか。

だからこそ、わたしたちは、太陽が昇ってくる山を神体山と呼び、岩をいわくらと呼び、そして地平線の彼方から太陽がのぼってくる、あの海の向こうに常世の国、ニライカナイがあると信じた。聖なる時を呼び起こす空間であるからこそ。

 

20170730_131810

踊る、という行為も、きっと、当時は、聖なる「間」に捧げるために、行われたのではないかと、ふと思います。

 

今日も長文お読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

Advertisements

地歌舞 雪

少し先ですが、12月の「縁の会」の稽古がはじまりました。演目は、「地唄 雪」。

IMG_20170730_102700_115

「花も雪も 払えば清き袂かな ほんに昔の昔のことよ 我待つ人も吾を待ちけん 鴛鴦(おし)の雄鳥(おどり)に物思ひ羽の 凍る衾(ふすま)に鳴く音もさぞな さなきだに 心も遠き夜半の鐘 聞くも淋しき独り寝の 枕に響くあられの音も もしやといっそせきかねて 落つる涙の氷柱より 辛き命は惜しからねども 恋しき人は罪ふかく 思はぬことの悲しさに 捨てた憂き 捨てた浮世の山かづら」

 

藤原定家に、「見渡せば 花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮れ」という歌がありますが、なんとなく、それを思い起こさせる名曲です。花も雪も、浮世のこと、といなして、打ち払って、みずからは山間に消えて行ってしまうような。

 

最後の「山かづら」は、もともとは山野に生える蔓性の植物ですが、そこから、夜明けごろに山の端にかかる雲をさすようになりました。ここでは、その意味で、冒頭の花、雪と響き合います。

 

この作品の持つ雰囲気を大切に、舞わせていただけたらと思っています。

 

DSC_0082

 

今日のお客様

今日のスピリチュアル・ウォーター・ダンス・ヒーリングのセッションのお客様は、メキシコから来たアンジェリア。

IMG_20170708_212739_107

 

彼女の詞です:

「今ここにフォーカスすることによって、心が変わる。

愛と赦し、光と闇のミステリアスな生のパターンが、わたしに心の春を咲かせてくれた」

 

アンジェリアへ、

愛、悲しみを、許し・・・色々な感情をシェアしてくれて、ありがとう。

わたしも、あなたとともに沈黙を共有できた瞬間、それらに対し、感謝の思いでいっぱいです♡♡

 

Today’s Spiritual Water Dance Healing was with Angelia from Mexico.

Thank you, Angelia, for sharing your love, sorrow, and forgiveness.

I am grateful from my heart for the moments that we shared the silence. ♡♡