今日は旧八朔&ワークショップ内容変更のお知らせ

こんばんは。

もう早、長月一日、旧八朔を迎えましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 

私は、鈴虫の声を聴きながら、夢中になって、読み耽ってしまっています。

IMG_20160901_191751

六代目尾上菊五郎の『芸』。

天才的に踊りがうまくて、鷹揚で、上品で。

こんな歌舞伎役者がいたんだなあと。

 

 

はあ、とため息をつきそうになりながら、更けゆく秋の夜長です。

 

歌舞伎と日本舞踊は異なるものですが、一つのものから分かれて生まれました。

 

天才と呼ばれる方たちの芸を見ると、自分の未熟さがよくわかります。ますます精進せねば、と思うばかりです。

 

さて、お知らせしていた「秋分の日のワークショップ」ですが、諸般の都合で、コラボではなく、私単独での開催となりました。

ついては、以下に内容を変更させていただきます。

 

秋分の日のワークショップ「日本舞踊と見立ての文化」

9月22日(祝・木) 午後1時~4時 

参加費:5000円 (浴衣をレンタルされる方は、別途1000円)

会場:東京都北区西ヶ原

*詳細は、お申込みいただいた方にお知らせしています。

 

 

日本に古くから伝わる、「見立て」という文化について紹介させていただいた後、日本舞踊の最も古い形式を含む、御祝儀舞「鶴亀」を皆で踊ります。

最後に、「見立て」の手法を使って、参加者お一人お一人だけの舞を舞っていただきます。

 

荒々しい自然と、限りがあって限りのない、永遠の時間と向き合った、古代の人々によって編み出された、「見立て」。

それは、闇から生まれて闇へと消えていく、霊魂を招魂することによって、彼らの生を生きぬくための方法でした。

 

現代という時に生きる私たちが、私たちの生を見つけていくために、

このワークショップを通して、今を生きるヒントを、得ていただけたら。

 

お申込み、お問合せは、お問合せフォームより、どうぞよろしくお願いいたします。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s