秋分の日のスペシャルワークショップのお知らせ

お盆も明けて早一週間が過ぎましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか? ここ京都の岩倉は、厳しい残暑はそのままに、ツクツクボウシが鳴き、秋海棠の花がほころび、着々と秋の装いを始めています。(写真は近所の岩倉実相院)   さて、もうあと一ヶ月に迫りました、「イマジネーションの力を呼び覚ます」秋分の日のワークショップのご案内をさせていただきます。   イマジネーションの力を呼び覚ます~異色のコラボ★ケルトの祝祭×日本舞踊~ 2016年9月22日(木・祝)秋分の日 12時~16時(4時間) 参加費 8,000円 定員 8名  会場: 東京都北区西ヶ原 (JR上中里駅から徒歩7分/JR駒込駅から徒歩10分/南北線 西ヶ原駅から徒歩7分) ※ 会場やイベントの詳細は、お申込みの方にメールでご案内しています。   ☆タイムテーブル☆ 12時~13時半 ハーブセラピストでケルトの魔女、じょなによる、「マボンの祝祭」 じょな魔女が、ケルト流の「祝祭の儀式(サバト)」を行い、収穫の季節と私たちの世界の豊穣を祝います。魔女の基本スキルと、マボンの祝祭についてお話しをした後、魔法陣を描き、祝祭を行います。 ★「マボンの祝祭」では、豊穣と地球の実りをお祝いします。 ★日本で収穫した「実り」を何か一品お持ちください。(お米、ナッツ、リンゴ、などなんでも) ★儀式のあいだ祭壇で祝福された「実り」は、お持ち帰りいただき、ご自宅で召しあがってください。そこで祝祭の儀式は完成します。ご自身がふさわしいと思われる「実り」をお持ちください。 13時半~14時 ティータイム(じょな魔女スペシャルティーと京都の和菓子) 14時~14時半 浴衣に着替え 14時半~16時 伊織による、「日本舞踊と見立ての文化」 日本において、古くから、空間と時間を分節化するための、「見立て」という手法がありました。それは、古代の人々が、荒々しい自然と、あるいは闇から生まれて闇へと消えていく、限りが合って同時に限りのない、時間と向き合うための、「私」と「世界」とを関係づけるための方法でした。このワークショップでは、日本における「見立て」の文化の説明をした後、見立ての手法を使って、実際に日本舞踊を体験します。 ★まず、伊織がお祝儀舞「鶴亀」を舞わせていただきます。 ★「見立て」の文化についてのレクチャーの後、「鶴亀」を皆で踊ります。 ★最後に、「見立て」の手法を使って、あなただけの舞を舞っていただきます。 ★日本舞踊がまったく初めてという方も大歓迎です。浴衣が着られないという方も、着付けも合わせて一から丁寧に指導しますので、どうぞ安心してご参加ください。 ★お持ちの方は以下のものをご持参ください。 浴衣、半幅帯、腰ひも2本、伊達締め、足袋 ★浴衣などをお持ちでない方にはお貸しします(別途1,000円)。お申し込み時にお知らせください。   お問合せ、ご予約は、じょな魔女さんのページよりお願いいたします→☆   秋の実りを、皆さまとともに祝う日となりますことを、心より楽しみにしています。