まだ書きたらず・・・

私たちは、何のために生きるのでしょう?

・・・という大仰なところからスタートしてしまいました。(汗)

 

私たちが「生きる」ということは、私たちが通常考えている「生きる」とは、異なるところにあるのではないかと、

私たちは本当に「生きて」いるのだろうかと、

 

と、そんな風に思わずにはいられなかった、先日の「自然の声を聴くリトリート」でした。

 

じょなさんのおっしゃる、自然を、「ただ体感として感じる」ことを行ったとき、そこに立ち現れたのは、本当に、めくるめく魔法の世界でした。

DSC_1107

 

ただ、あること、

樹々の繊細なバイブレーションを、微かな体感として、感じること、

 

そうすることで、存在の不思議に一気にたどり着いてしまいました。

 

不思議な不思議な、愛の空間は、こんな近くにあったんだと・・

 

じょなさん、本当に素敵なセッションを、ありがとうございました。

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s