7月10日(日)、創作能「亀戸の藤」上演いたします

  さて、7月10日(日)に近づく創作能「亀戸の藤」(原作・脚本:コラール伊織)の告知をさせていただきます。 中央線阿佐ヶ谷駅北口から徒歩2分のザムザ阿佐谷にて、昼の部は午後1時開演、夜の部は午後5時開演です。(開場は開演の30分前) 太平洋戦争時、沖縄戦を戦った米兵と日本兵のスピリットが、戦後五十年を経て(物語において)、東京は亀戸天神社において、出会います。 この話を書くきっかけとなったのは、私の夫の叔父にあたる方の物語を聞いたことでした。   71年前、太平洋戦争時は沖縄戦を米兵として戦い、九死に一生を得て、その後東京で進駐軍として務めていた彼が恋をしたのは、東京で出会った、日本女性でした。 二年の後、彼は母国アメリカへ帰ることになりましたが、彼女のことを、生涯、繊細でやわらかな記憶をもって、思い続けていた、といいます。   現在言うところのPTSDに生涯苦しみ、毎夜のように酒場へ行っては喧嘩を繰り返していたという彼は、42歳の若さで亡くなりました。   この創作能「亀戸の藤」において、彼は戦争の後遺症をも生き延びて、面影の女性を探して、東京を再訪します。   思い出の土地、亀戸天神社で出会ったのはしかし、その女性の亡くなった夫、沖縄戦で戦死した、日本兵の霊でした。   この物語を書くもうひとつのきっかけとなったのは、叔父さんが戦った沖縄の地に、夫とともに、二年間住んだことでした。 大阪に生まれ育った私にとって、沖縄本島の20%を占める米軍基地の存在は、驚くべきものでした。 どこへ行っても基地がある、 どこへ行っても、米軍機の音がする、 どこへ行っても、フェンスで阻まれている、 そして、繰り返される米軍兵による、事件の数々、   私自身の祖母は、広島は福山で生まれ育ちました。踊りの天才少女と言われた祖母は、幼いころ、その母とともに、良い踊りの師匠を求めて、大阪に移りました。 太平洋戦争のころ、広島に疎開していた祖母は、原爆を経験しました。爆心地からは離れていたので、命に別条はなく、後になって、視力を失ったのみで、93歳で亡くなりました。   太平洋戦争に参戦することによって、日本は、大きな犠牲を、他国の民にも、自国の民にも、強いることになったのでした。 あのとき、もう二度と、繰り返すことはないように、 そう誓ったはずなのに。   今の日本が、どのような方向に向かっているのか、それは、私たちの子供、孫、そののちの世代の人々に、希望と光を、愛することと赦すことを、教えてくれるものであるのかどうか。   日本人として、日本の未来に、責任を持つ、ひとりの大人でありたい、   そう思ったことが、この物語を書くきっかけでした。   物語の趣旨に賛同してくださったのみならず、台本の構成から、細部に至るまで、多大なる助言をくださり、また米兵として出演してくださる、白拍子舞と仏教声明の桜井真樹子さん、 アイとして、物語の背景を語ってくださる、前衛パフォーマーの吉松章さん、 これでもかというくらい、無理な注文をたくさん聞いてくださった、義太夫の竹本越孝さん(太夫)と鶴澤寛也さん(三味線)、 スケジュールを押して参加してくださる、小鼓の藤舎呂裕さんと笛の福原百恭さん、 舞踊を通して、平和を志す思いを表現したい気持ちは同じです、とおっしゃってくださった、振付をしてくださる、地唄舞の花崎社季女さん、 プロデュ―スから演出まで、パワフルにサポートをしてくれる、私の母、吉村厚美、 みなさまのおかげで、ここに、上演をさせていただけること、心から感謝いたします。   ご予約、お問合せは、お問合せページよりお願いいたします。 ご予約の際は、お名前、ご連絡先(電話番号あるいはEメール)、昼の部あるいは夜の部、必要枚数を記載の上、上記までご連絡ください。          

まだ書きたらず・・・

私たちは、何のために生きるのでしょう? ・・・という大仰なところからスタートしてしまいました。(汗)   私たちが「生きる」ということは、私たちが通常考えている「生きる」とは、異なるところにあるのではないかと、 私たちは本当に「生きて」いるのだろうかと、   と、そんな風に思わずにはいられなかった、先日の「自然の声を聴くリトリート」でした。   じょなさんのおっしゃる、自然を、「ただ体感として感じる」ことを行ったとき、そこに立ち現れたのは、本当に、めくるめく魔法の世界でした。   ただ、あること、 樹々の繊細なバイブレーションを、微かな体感として、感じること、   そうすることで、存在の不思議に一気にたどり着いてしまいました。   不思議な不思議な、愛の空間は、こんな近くにあったんだと・・   じょなさん、本当に素敵なセッションを、ありがとうございました。      

「自然の声を聴くリトリート」無事に終了いたしました。

先週末、じょな魔女さんと共同主催させていただいた、「自然の声を聴くリトリート」が無事に終了いたしました。 ハーブセラピストであるじょなさんによる、ハーブを用いた室内ワーク、貴船神社での野外ワーク、そして私のリードする、日本舞踊体験、私の主人ルーディーによる瞑想セッションと、盛りだくさんのリトリートでした。 私は、じょなさんのワークショップを受けるのは、これで二回目となったのですが、彼女の言う、「森の世界は魔法の世界」という言葉を、今回やっと、体感として、実感できた感じがします。 あえて言葉ではなく、微かに起こる体感として、樹々たちの繊細なバイブレーションを感じること。 ジャッジすることなく、ただただ「感じる」こと。 自然の中で、「ただある」こと。 私たちは、ありあまる自然の恵みを前にして、意識によってジャッジするくせがついてしまっているために、存在という不思議に、ただ触れることを、忘れてしまっているのかもしれません。 私のリードするセッションでは、その太古から、舞踊を通して神を寿ぎ、神祀りをしていたとする古事記における記述を紹介しつつ、原初から、私たちが「ある」ことへの感謝を、季節の風物に託して表現してきた日本舞踊を、実際に、「ただ歩く」ことを通して体験していただきました。 「私たちの生を、ただ歩くことによって表現すること」 参加者の方に、踊りを通して、森羅万象を、生きるということを表現すること、あるときは喜びを、感動を、あるときは言葉にならない思いを、最も身近な「地」である身体を通して表現することによって、自らを癒し、かつ何かを発見していただくことを体験していただけたら、これ以上ない幸せです。 また、次回はリトリートではなく、一日ワークショップとなりますが、7月2日(土)、再び、じょな魔女さんとの共同主催で、「自然の声を聴くワークショップ」を、東京は上野公園にて開催させていただきます。 室内ワークの会場は、東京都文京区にある、弥生美術館近くの一軒家です。最寄り駅は千代田線根津駅、あるいは南北線の東大前駅。 野外ワークは、上野公園は不忍池辺りを歩きます。 野外ワークから帰ってきてから、今回と同様に、日本舞踊体験の時間もあります。 不忍池は、色とりどりの蓮の花が綺麗ですよね。 染色家の志村ふくみさんの著書『一色一生』に、こんな言葉があります。 「色はただの色ではなく、木の精なのです。色の背後に一すじの道がかよっていて、そこから何かが匂い立ってくるのです。」 このワークショップを通して、私たちがあるということ、樹々と、花々と、ただ出会うということ、森羅万象との出会いを、歩くことによって表現するということを、ただ、体験していただけたら。 そうして新たな風を、参加者の皆さまのそれぞれの生の中に、感じていただけたら。 詳細、お問合せは、じょな魔女さんのブログページまで→☆          

型と、創造と。

5月28~29日に共同主催させていただく「自然の声を聴くリトリート」は、昼間は、じょな魔女さんによるハーブについての室内ワークおよび貴船の森での野外ワークがあり、その後、じょな魔女さんによるスペシャル薬膳カレーの夕食の後は、私のリードする時間となっているのですが(汗)、その時間、何をしようか・・・と。。 日本舞踊をするか、リトリートなので、表現アートで自由な創造の時間を作るか、と、しばらく悩んだあげく、昨日、ふと思い立って、どっちもやってしまえ、と。(笑) でも、その葛藤は、体に染み込んだ日本舞踊の世界と、アメリカおよびスイスで学んだ表現アートセラピーの世界を、どのように統合させていったらいいかという、私の長年の模索そのものでもありました。 何世代も昔から、型によって伝統が守られてきた日本舞踊の世界と、只今の自分を即興によって表現することによって、創造と発見、癒しが起こる表現アートセラピー、それが、互いにとって自然な形で、私なりの方法で、統合することができたらと、ずっと思っていました。 真逆なように思える、伝統と型の文化である日本舞踊と、即興と創造、発見の世界である表現アートセラピーですが、一つ、共通点があります。それは、「私と世界の関係性を表現するものだ」っていうことなんです。 私だけでもなく、世界だけでもない、関係性を表現するものだからこそ、あらゆる人が、理解し、共感しうることができると思うのです。 (たとえば、日本舞踊では、「何かを指す」という仕草をするとき、体の半分は、指す方向に、もう半分は、自分の中心に引っ張るように、体を動かします。そうすることによって、指すものと私との関係が、表現されるんです。) 今回のリトリートでは、まず、「京の四季」という上方端唄(江戸時代、京都・大阪に発展した短い三味線音楽です)を古典舞踊でお見せしたあと、じょな魔女さんのライアーに合わせた即興舞踊をし、最後に、参加者の皆さまと一緒に、日本舞踊における見立てという手法と、表現アートならではの即興を組み合わせた、参加者の皆さまの「私と世界の関係」を、みなさんに、踊りによって表現していただこうと思います。 「見立て」というのは、お扇子一本で舞う必要性から生まれた、お扇子によって、流れる水や舞い落ちる花びら、降る雪、お酒を飲むなど、様々なものを表す日本舞踊の手法ですが、同じ用法は、たとえば日本庭園の、石を用いて水を表すという手法にも見られます。白い小石を敷き詰めて、川や海を表現したり、大きな岩を滝に見立てたり。 ここでは、てんぐすき、という和紙を用いてみようと思います。 この和紙、ティッシュペーパーよりも薄い和紙ください、というと、和紙屋さんで「ああ、あれですね」といって分けてくれます。 軽いので、ふっと空中で手を放しても、ゆらゆらと、舞い踊るように落ちてきます。それは、花びらなのか、木の葉なのか、あるいは樹々を通す日の光なのか。それとも亡くなった人の魂なのか。   「見立て」という型を用いることで、逆に、その人を狭めていた限界がふと溶けて、創造性が広がる・・・そんな体験をしていただけたら、、と思います。   「自然の声を聴くリトリート@京都」詳細およびお申込みは、じょな魔女さんのブログページまで→☆

5月28日「自然の声を聴くワークショップ@貴船」

いつのまにか、あと10日に迫ってまいりました。 この5月28日に、薬草魔女ことじょな魔女さんの主宰する「自然の声を聴くワークショップ」が、京都は貴船の森にて開催されます。   ご宿泊される方に限り、私の自宅兼稽古場にて、日本舞踊も披露させていただく予定です。 きっかけは、去年11月に東京は北の丸公園にて開催された、「自然の声を聴くワークショップ」に私が参加させていただいたことでした。 「森の世界は魔法の世界」というじょなさんの言葉に誘われて、そこから本当に、樹々がきらめき、小鳥がさえずり、世界がきらきらしたものになった瞬間を覚えています。 ワークショップについての彼女の言葉です。 「参加してくださった方々が、森のなかで過ごす「余白の時間」を、 神様の創造した芸術のなかに入り込む時間を、意識的に増やすことで、 本来の自分自身の揺らがない軸と、安定したエネルギーと、心の安らぎと「美しさ」を、 世界のどこにでも見つけるチカラをはぐくんでいってくれたらいいな、と」 京都の霊的地場、貴船の森で、魔法の世界を体験しませんか?   詳細は、じょなさんのブログページまで→☆

弟の結婚式

去る5月14日は、私の二つ年下の弟の結婚式でした。 会場は、マンダリンオリエンタルホテル東京。 スカイツリーが部屋からよく見えました。 あの小さかった弟が、こんなに立派になって、と思うと、涙がとまりませんでした。 披露宴では、「長唄鶴亀」を舞わせていただきました。 二人のますますの活躍と家庭の充足を、陰ながら応援しています。 ご参列の皆さまにも本当にありがとうございました。  

「舞踊劇 水の女」無事に終了しました

「舞踊劇 水の女」が、無事に終了いたしました。 ご出演の皆様、公演の上演を支えてくださった皆様方には、誠にありがとうございました。 今回、道成寺の清姫は、京都は保津川を訪れた、という設定でした。             私のパートの地方(じかた)は、葛野流大鼓の河内孝子さん。素晴らしい謡と大鼓を披露してくださいました。 最後は、原作・脚本・演出・白拍子舞の桜井真樹子さん、地唄舞の花崎社季女さん、仕舞のコラール、長唄三味線の長沼雅子さん、大鼓の河内孝子さんによる、音と舞との競演でした。   素晴らしい共演者の皆様方との出逢いを励みに、より一層芸に精進したいと存じています。ますますのご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。