Sweet smell of the spring

a weeping plum tree in our mountain hut 長い冬を終えて、梅の花がほころびはじめました。今日ご紹介させていただく曲は、梅を描いた代表的な三味線音楽、端唄「梅にも春」。 「梅にも春」は、今はもう失われた、江戸の古き良き情緒を描き、わたしたちの心に郷愁をかき起こします。 歌詞: 梅にも春の色添えて、若水汲みか車井戸 音もせわしき鳥追いや、朝日に繁き人影を、もしやと思う恋の欲 遠音神楽や数取りの、待つ辻占や鼠鳴き、逢うて嬉しき酒機嫌 濃茶が出来たらあがりゃんせ、ささ持っといで After the long winter, plum blossoms are beginning to open… The piece that I would like to introduce today (of course, related with plum blossoms) is Ume-ni-mo-Haru, or “Spring to a Plum Blossom.” It is one of Hauta, a shorterContinue reading “Sweet smell of the spring”